人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

闇から転げ出たロール

闇から転げ出たロール

 日曜日のETV特集のあるシーンが気になっている。「よみがえる戦場の記憶 ~新発見 沖縄戦600本のフィルム~」、沖縄戦を記録した米軍のフィルムをめぐっての番組でのことだ。
昭和20年、アメリカ軍は沖縄上陸したときから、プロパガンダ(宣伝)の意図をもって沖縄戦の実像を撮影していた・・。捕虜となった老夫婦、若い母親とその子たち、日本軍の秘密兵器、など。
 1980年代には、このフィルムの存在は知られていて、返還というか、撮影した成果物の公開を求める沖縄1フィート運動が起きた。そして返還なって公開されることになったが、それは一部であって、さらに膨大な映像が残されていた。返還350本に対して、さらに600本あることが3年前に分かり、沖縄県公文書館が調査を行って来た。

沖縄放送局はそのフィルムの内容を明らかにするために島内で巡回の映画会を開いて、広く情報を集めた。その映像に描かれたものは何で、写された人たちの消息はどうなったかを追った。番組はその記録である。

米軍のそれは、プロパガンダフィルムだ。もとより、勝者である米軍が撮影したものは自国の利益に叶う素材を撮影しているだろうということは想像がつく。都合の悪いものは最初から撮影していないと思われた。ところが、そのフィルムのなかに、とんでもないものが紛れ込んでいた。

 数十巻のフィルムのなかに、あるロールだけは他のロールと違って脈絡もなく撮影した時間場所もまったく不明の謎の「ラッシュ」があった。キャプションも資料も何もない。
 その映像を再生すると、衝撃的な映像が写っていた。
戦死した日本兵の遺体に向かってアメリカ兵が短銃を発射する。明らかに日本兵は死んでいるにもかかわらず、米兵は引き金を引き続ける。弾丸をくらった死体は何度も跳ね転がる。残酷な仕打ちだ。

あるいは、死体の山から日本兵の一体をつまみあげてカメラに向かってさらしものにするショットもあった。まるでカジキマグロの大物を釣り上げたような表情で、戦果を誇示するアメリカの若い兵隊。死んでまで恥辱を受ける日本兵。その残酷な仕打ちはやりきれない。まさに戦争の非人道性を表す映像であった。
この映像は、アメリカ軍当局にとっては絶対に外部に出したくないであったろうことは想像がつく。

 番組中、この映像を見た沖縄の研究者がインタビューを受けて、「こういう映像はこれまでも見たことがありません。本来撮影しないものでしょうし、撮っても残さないものです。それが何かの偶然で残ったのですね」と苦い表情。

 前回の返還運動が起きたときもアメリカ側はこれらの映像の返還には応じていない。というか、その存在すらも明かしなかった。それから20年ほど時間が流れて、アーカイブスの関係者もこのフィルムの存在について知るものもいなくなったのだろう。残ったフィルムの返還の要求が起きて、事情を知らない現在の担当者は一括返還に応じた、これが実態ではないか。
20年の間に、世代が交代してこのフィルムの意味を知らない者が担当者となったため、ノーチェックでこのフィルムが転がり出て来たと推測される。

 占領軍である米軍がこれまで公開に応じた映像は、ことごとく日本の軍国主義を非難し、住民を尊重するような事柄ばかりであった。孤児院を作って世話をしたり、日本人の捕虜同士の結婚を祝福したり。けっして悪辣なものではないということを強調してきた。そういう規準に合わない映像はすべて闇に葬ってきた(はずだ)。
 だが、ここに奇跡のようにして、一巻きのフィルムが残された。撮影者も撮影日時も分からないから、詳細は不明となろうが、こういう事実があったということだけはしっかり記録されていたフィルム。偶然とはいえ、真実というものは思いがけない形で歴史に姿を表すということ。数十秒にしかすぎないラッシュがもたらした意味はけっして小さくない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-06-29 14:27 | Comments(0)
<< 時間は進む 2つの訪問 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧