人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

2つの訪問

2つの訪問

今回の京都の旅で、珍しく寺院や美術館を訪ね歩いた。最初は、授業が始る前に一乗寺にある詩仙堂に行った。河原町から北白川行きのバスで大学の近くまで行って、そこから歩いた。20歳のときに曼殊院、詩仙堂、金福寺と回ったことがある。そのころは、一乗寺下がり松あたりは見渡すかぎり田んぼだったが、今ではすっかり住宅街となっていた。

42年前は、朝早く金沢を立って、日帰りで北白川通りの寺院を視て回った。女友達が2人いた。彼女らはその春進学が決まって、入学旅行のようなものを決行するということで、親御さんから用心棒代わりに同行することを頼まれたのだ。今から考えると私が用心棒だとは笑止だ。

静謐な曼殊院が心に残っていたが、少し離れているので今回は詩仙堂だけにした。店屋があちこちに出来て俗化が甚だしいが、入り口まで来ると、そこだけは別の時間が流れているような竹林の異空間があった。山門から玄関までの両脇は明るい竹林で美しい。梢を小鳥が渡っていく。
梅雨のせいか観光客は思いのほか少なく安堵した。詩仙の間に座って庭をぼんやり眺めた。ときどき有名なししおどしが音を立てるほかは水の流れしか聞こえない。この寺の敷地は斜面にあって、上から下まで8メートルほどの段差になっている。
庭下駄を履いて一番下まで降りたが、これといって何もなく最上段の座敷からの景色がいちばんよいと気づいた。これを建てたといわれる石川丈山という人物は、しおりを読む限り胡散臭い。徳川の譜代の臣で大坂夏の陣で功名をたてたが、京都で朱子学を学んで清貧に生きることを決意したとある。少し話が出来すぎている気がするのだが。建物もやや思わせぶりでわざとらしい。入り口の竹林だけがいい。

 詩仙堂や八大神社、狸谷不動のある丘を下った。蕪村ゆかりの金福寺の山門に立つ。ここはほとんど観光客がいない。以前、訪れたときは秋だった。蕪村が翁の遺徳を偲んで造成したという芭蕉庵は簡素で美しかったことを覚えている。寺内を視て回ると、昼からの授業には間に合わない。そこで、芭蕉庵の屋根だけ見て踵を返した。ふと芭蕉のあの句を思った。
やがて死ぬけしきも見えず蝉の声

もう一つは最終日土砂降りの雨のなかを訪れた河井寛次郎記念館で、ホテルから程遠くない地五条坂にある。母の歌集の題が「五条坂」で、ここにあった教会で初めてキリスト教に出会ったという縁の場所にあるということで興味をもった。
ひどい雨で記念館の前までタクシーで行った。
京都の古い民家がそのまま博物館になっている。引き戸を開けて入ると、薄暗いたたきがあって、天井から日がぼんやりさし込んでいた。大正、昭和に活躍した陶芸家河井寛次郎の住まいとアトリエがそのまま保存されている。ここでの圧巻は奥の庭に建てられた5層の登り窯である。この大きな窯が気にいり、私はこの窯の室内で小半時も過ごした。外はうっとおしい雨が降っていたが、暗い窯のあちこちに窯変した陶土のかけらのようなものが張り付いていてキラッキラと光るのを見ているだけで時間が経った。

河井の陶芸作品は私の好みではない。プリミティブで派手な文様がわざとらしく感じられ、彼が崇敬するという朝鮮の無名陶のような味わいとは違うと思った。彼の残した書も同様のものを感じた。脱俗を売りにする俗のようなものがはなについた。
記念館を出て、傘を片手に五条坂を歩く。教会らしいものはないかと探したが見当たらなかった。雨はどんどん激しさを増し、ポロシャツもしとど濡れてきた。ひとまず京都駅に行った。北陸線サンダーバード号の2時に乗る。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-06-28 14:09 | Comments(0)
<< 闇から転げ出たロール 雨のお墓参り >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧