人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

一筋の道

一筋の道

芭蕉が29歳で故郷の伊賀を離れて上京したとき、並々ならぬ決意であったにちがいない。
武士を捨て、俳諧師としてやっていくつもりだったのだから、中途半端な決意でない。富山奏によれば、芭蕉の生まれた時代は伊賀、藤堂藩の窮乏がもっとも激しいときで、農民百姓のなかから自害するものも続出したとある。けっして楽な時代でなかったのだ。そのなかで、鍛えられた芭蕉は幼い頃から胆力があったのだろう。ひとたび決めればその道をまっしぐらに行くとした。一筋の道である。

学問の道も厳しく激しいものだと、昨日大学で院ゼミに参加して感じた。大学院の修士課程、博士課程のメンバーたちのゼミで、毎回、それぞれの発表がある。学部のゼミなどとはレベルが違うゼミだ。主任の教授、準教授の列席するなかで、およそ40分ほど自分の研究内容を報告し、質疑を受けるものだ。
昨日は、戦後の核・原子力学者たちが、核の平和利用ということをどんなふうに捉えていたかという研究発表で、発表者は博士課程のY君だった。9ページにおよぶレジメを片手にY君は奮闘したが、報告後の質疑では厳しい評価を受ける。「このリポートを通して、何をいいたいのか分からない。そのスタンスを決めないと論文にはならない」と教授は言い放つ。「下世話にいえば、私らは税金というお金をもらって研究しているのなら、それに見合う成果を上げなくてならない。この報告にはどんな成果が出てくるのかというと、このままではそれは危うい」。厳しい。
 驚いた。象牙の塔で世間とは無縁の好き勝手な研究をするところが大学、なんて勝手な想像をしていたが、まったく違う。文系であろうと、社会への還元を念頭においた姿勢がまず問われるのだ。むろん、それはすぐに実業に結びつくような成果を期待されているわけではない。その基盤となるようなものも含まれるのであろうが、少なくとも趣味道楽の研究はありえないのだ。しかも、それを研究とすると決めれば命がけの、芭蕉の言う「一筋の道」とならなくてはならないことを、教授は言外に語っている。

 教授のびしびし入ってくる太刀先にY君は意外にも蒟蒻問答に近い受け応えで防戦する。のらりくらりとというわけではないが、叱責されてもめげていない。この勁さに感心した。現代の若者は打たれ弱いという定評とはまったく違う“強情ぶり”に、思わず内心頑張れと声をかけたくなった。
 たしかに、Y君の理路はあまいところが諸所に見られる。教授の筋論は見事に言い当てている。だが、こういう激しい打ち込みにたじたじとなりつつ切り返すなかで、Y君は活路を見出し、学者としての胆力を鍛えられていくのだろう。
ゼミが終了したとき、まるで剣道の勝負を終えたような心地よい疲れが、私にはあった。(別に私が発表したわけではないのだが)

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-06-26 10:12 | Comments(0)
<< 雨のお墓参り 夜更けにくちなし >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧