人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

変な天気

変な天気


「人生のモデルになってください」と7つ年下の友人から言われた。
好きな番組作りを最後まで全うしてくださいとも。先輩のような人生は羨ましい人生ですよと追い討ちをかけられるに及んで、(そんなはずはなかろう)と腹のなかの自分が呟いた。

 その呟きを気にしながら、前に座った50代半ばの精力に満ち満ちた男の顔をじっと見る。自分で、人生に悔いがいっぱいありますというほど、顔も声も衰えてはいない。これから世に問うような作品をもっともっと作ってみたいという野心に溢れた表情していた。20年振りに彼と会ったが、当時の精悍な顔つきと少しも変わっていない。

 君が居る今の場所で、それなりに番組作りが出来るならそれはそれでいいじゃないか。今の62歳の私などは、せいぜい年に2,3本しか番組を作る機会がないのだよ。それがそんなに称揚されるようなディレクター人生だとは思わないけれど。と、私は彼に冷水を浴びせるようなセリフを吐いてみる。皮肉でも嫌味でもなく本当に自分の人生に悔いはないなんてことはとてもいえないほど悔いの多い人生なのだから。

「でもですね。」と彼はすぐに反論。「制作の本数が少なくても全国に放送できるだけいいじゃないですか。放送後の反響だってあるでしょうし、職場の仲間うちでも番組の議論ができるでしょう。ぼくの場合、BSの深夜帯の誰も見ていないような場での放送です。反響なんてほとんどありません。何を作ろうとも僕の周囲は関心をもってくれません。やりたいならやってもいいけど、日常業務のほうに支障がないようにやってねという反応しかありません。ネグレクト--無視されるということはきついですよ」と、おそらく憤懣がたまっていたのだろう、一気に彼はしゃべった。

 彼の言い分はなんとなく分かる。無反応でも作ればいいじゃないかとはならないだろう。他人(ひと)がどう見ようとも、わが道を行けばいい。とはならないとも思う。表現したことは他者に伝えて意味をもつ。他者から悪評も含めて評価されることが大切なのだ。
でも、彼が置かれた今の場所では、作品を作ろうと作るまいと誰も関心をもたないという「不毛の地」で仕事をしているのだ。 つまり、私らは番組を作って終りという閉じた回路ではなく、作り上げた番組を媒介にして、「他者」とコミニュケーションを交わす。そこにやりがいというか喜びを感じて仕事をしているのだ。それがあるから作る喜びがあり、伝わる快楽があるのだ。彼はその喜びを味わう場所を奪われている。

 彼と渋谷駅前のフルーツパーラー西村で話しをしていたときは土砂降りだったのだが、夕方になって空は美しい夕焼けとなった。変な天気だけど、終りよければすべて良しといえるのじゃないだろうか。
彼も今55歳の岐路に立っている。人生の前半は困難なこと不本意なことが多かったかもしれないが、これからの10年で一踏ん張りすれば実りがあるかもしれない。
と、他者には勇気付けることは出来ても、自分を奮い立たせることは難しいものだ。

人生の天気。変なものだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-06-23 22:18 | Comments(0)
<< 西へ 風を感じながら >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧