人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

笑いの道

笑いの道

 ワールドサッカーの南アフリカ大会で、日本がカメルーンに勝った。まさか1勝出来るとは思わなかったので、まずはお目出度い。といってもかなり幸運に恵まれた勝利だった。これで少しサッカーが話題になるだろうが、あまり期待しないほうがいい。むしろ小惑星探査機はやぶさの快挙のほうが大きい。この満身創痍の小型ロケットが7年間も飛び続けて地球に回収されたという技術には感心した。

 冷たい雨が降る昨夜、中野まで笑いの道を志す卵たちの公演「あっぱれライブ」を見に行った。中野といっても西武新宿線沼袋に近い住宅街にある客席40ほどのちいさな劇場だ。
7時半開演で9時過ぎ終了するまでに、15組の笑いが次々に登場した。入場料300円、安い。にもかかわらず客席は10人ほど。出演者全員男に対して客席はほとんど女性。どうやら芸人の知り合いや恋人らしい。そういう関係者をのぞくと純粋な客は2人しかいない。私とて学生がこのライブを撮影するというので付き添うような形で見学していたのだ。

 汗や唾がかかりそうな間近で見ていると、彼らの熱演に圧倒される。が、芸そのものは辛い。寄席の芸と違うのは彼らの師匠というのがいるわけでなく、テレビ芸を見よう見まねでやっていること、プロデューサーがいないこと。この二つがないというのは彼らの芸を進展させるうえでかなり厳しいのではないだろうか。

 自分たちの持ちネタを演じるときはまだいいのだが、幕間で行われるテレビの真似のようなやりとりはいただけない。
レッドカーペット、アメトーク、ガキの使いなどテレビでおなじみのトークを真似した幕間トーク。あたかも彼らが世間で知られた芸人かのように振る舞う。自分たちを芸人と呼んでいるから一端の芸人と自認しているのだろうが、見ているこちら側が恥ずかしくなってくる。
客席が白けるというようなことを最初から気にしていないから、トークはだらだらと続く。他者性のない笑いというのはきつい。

 月に1度か2度開かれるここでの公演は彼らの数少ない発表の場だ。ここで修業を積んで、ナベプロやホリプロが主催するお笑いライブに出場して、そこの所属芸人になることが目標らしい。その日を夢見て、小劇場で奮闘する彼らたち。開演前にひとりの芸人にインタビューすると、普段はうどん屋でアルバイトして頑張っているという答えが返って来た。将来の見通しはと意地悪く聞くと、「どうなるんでしょうかねえ」と他人事のような答え。おそらく照れての発言だろう。そのあと懸命にセリフを練習する姿が心に残った。

 年の頃は20代前半の若者たち。飛んだり跳ねたり大声を出したり、若さがなければできない「芸」だ。必死の形相で客席奥の一点をみつめて奮闘する彼らを見ていて、私はつい親の心情に思いを馳せ胸がイタくなった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-06-15 09:58 | Comments(0)
<< 判子の思い出 同じ言葉の大きな違い >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧