人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

同じ言葉の大きな違い

同じ言葉の大きな違い

2007年の6月、久間防衛相(当時)が講演会で語った言葉が問題となった。アメリカが原爆を投下したのは戦争を終わらせるためであったからしようがない、と言ったのだ。
もう少し正確に記すと、
「原爆を落とされて長崎は無数の人が悲惨な目にあったが、あれで戦争が終わったのだ、という頭の整理で今、しょうがないなと思っているところでして」と発言したのだ。
この発言が外に漏れ公開されて、被爆者団体から抗議され、朝日新聞は「被爆者の痛みを踏みにじり、日本の「核廃絶」の姿勢を揺るがすものだった」と痛烈に批判した。
だが、久間氏は防衛相を辞任したあとも、「原爆が日本を全面降伏に導いたのは事実」と主張を変えていない。

 中国新聞のN記者は被爆していないが、母の妹が爆死するなど幾人も被爆した身内をもっている。毎年、祖母は8月6日に行われる平和式典にも正式に参加せず、式典の始る前に平和公園に行って一人でお参りすることが多かったと、祖母の姿を記憶している。式典で語られる「核兵器廃絶、被爆者を二度と出さないヒロシマの心」といった大文字の文言と、祖母が口にする「(娘が)原爆で死んだのも仕方がない」の小文字の呟きと大きな乖離があることをN記者はいつも感じていた。

 お盆が来て、幼くして亡くなった叔母の法要が来ると、大人たちは、「あの子が死んだのはしかたがない。あれが落ちて戦争が終りになったんじゃ。平和な時代が来るための犠牲になったんじゃ」という愚痴を繰り返した。そうとでも思わなければ、わずか3歳で焼け殺された叔母の死の意味を見出すことが出来なかった。この言葉にはさらにいろいろな思いが複雑に絡まっていて、呟く本人ですら本質を説明できないと、N記者はみている。
 この被爆者の言葉はむろん原爆を肯定しているわけではない。憎んであまりあるのだが、さりとて「原水爆反対、核兵器廃絶」とストレートな文言にまっすぐ向かっていかない。言葉にならないものが被爆者のなかに溜まっていて、それが口をついて出てくるときには「しかたがない」という言葉にしかならないのだ。

 この被爆者の言葉と防衛相の言葉は似ているが、まったくかけ離れたものだ。被爆地長崎と同じ県に選挙区をもちながら、久間氏は原爆を人間の悲惨と見ないで、威力として認識している。まさに、被爆者の尊厳を犯す言葉にほかならなかった。さらに、原爆投下が日本の全面降伏を促したという「神話」は、アメリカの軍産複合体制の代弁でしかない。日本の敗戦は時間の問題であって原爆投下を必要としなかった。むしろ、戦後起こるであろうソ連との軍拡競争をにらんでの“戦略的投下”であったとみるべきであろう。そういう検討もまったくないまま、久間氏は俗耳に届きやすい論理を言いつくろっただけだ。
 同じような表現であっても、まったく違う意味をもつことを確認しておきたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-06-14 17:00 | Comments(0)
<< 笑いの道 梅雨入りした大磯の森で >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧