人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

梅雨入りした大磯の森で

梅雨入りした大磯の森で

カートにVHSのビデオテープを20本詰めて山道を下る。重さに手をとらそうになる坂道を及び腰で下っていて立ち止まると、どくだみの白い十字の花が雨に濡れていた。葉にびっしりと雨粒を受けて首をかしげるような風情。昨日までの暑さは消え、梅雨特有の肌寒さが広がっている。ケヤキの幹が雨にうたれて黒黒と光っている。麓の草むらは鮮やかな鶯色の塊となって、雨風になびいている。大磯の森は霧のような小雨のなかにあった。6月14日、とうとう梅雨が来た。

朝はひと騒動あった。2階のガラスの屋根がひび割れしていて、そこから雨が少し漏っているようだ。秦野の工務店に連絡をとって見てもらった。ひびは広がろうとしているから新しいものと取り替えたほうがいいという。思わぬ出費だ。朝から景気の悪い話だとイラつきながら出勤する仕度をした。

ショルダーバッグをたすきがけし、トートバッグとカートを右手に持ち、左手にビニ傘を差してツヴァイク道を下った。道端の草むらに蛇苺の紅い実がぽつぽつとある。道の脇からちょろちょろ水が湧き出して、山道に沿って麓の谷川に向かって流れていく。句材にならないかと頭をひねるが何も思い浮かばない。

現存在ということを考えている。人間は死にゆくものだ。死に向かって生きている。今生きているとは、死に行く過程の一こまである。そうやって今の生の在り場所を定めたうえで生の行為を決めていく。今ということを前景化させる。
こんな立派な生き方をする人はどれだけいることだろう。夏目漱石なんて人もそんなことを考えながら生きていたのだろうか。彼が小説のことを構想しながら、文机で鼻毛を抜いていたときもそう今を規定して生きていたのか。本当に。

梅雨の童謡。「雨が降ります 雨が降る 遊びに行きたし傘はなし」後の文句は忘れた。子どもの頃を思い出す。北陸の梅雨は長かった。いつまでも雨が降り続いた。することもなく、台所の板の間で転がっていた。おなかが空いても食べるものなどなかった。梅雨どきは枇杷でも梅でも食べてはダメだと注意されていた。家には誰もいなかった。おそらく留守番でもしていたのだろう。板張りの床がひんやりとして気持ちよかった。ごろごろ転がって敷居にぶつかっていた。テレビもない時代だから2年生か3年生の頃だ。ガラス窓に息を吹きかけて出来る模様が何かの発明にでもならないかなどと、愚にもつかないことを考えていた。父母の懐袍にあった時代だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-06-14 13:22 | ふるさとへ | Comments(0)
<< 同じ言葉の大きな違い おーい、後輩 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧