人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ニュースカメラマンの傷

ニュースカメラマンの傷

1965年から10年にわたってベトナムに滞在して戦場を撮りつづけた男、平敷安常。彼の足跡を追ってベトナム戦争とは何であったかを追求するドキュメンタリーを今作成している。
といっても取材は始ったばかりで、先月、取材班は平敷が住むニューヨークへ出かけて彼と接触してきたばかり。これから夏にかけて、日本、ベトナム、アメリカの本格取材が始る。

平敷は1938年那覇で生まれた。私より10歳上の72歳。小柄だが頑健な体は、見るからに歴戦の勇士を思わせる。だが、眉が太くつぶらな目はいかにも沖縄出身らしく、顔だけみるとやさしいおじいさんだ。戦前に生まれたが、両親は内地に生活の基盤をもっていたので、あの沖縄戦の悲惨には遭遇していない。だが親戚縁者にはおおぜいの犠牲者がいる。

昨年、彼が記したノンフィクション「キャパになれなかったカメラマンたち」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞したとき、来日した平敷と私は一度だけ会った。穏やかな人柄に好感をもった。
その彼が、ベトナム戦争の従軍カメラマンを志願したのは、20歳のときだ。大阪毎日放送のカメラマンとしてスタートしてまもなくのことであった。民放の社員だった身分を捨ててフリーランスの戦場カメラマンを志願した。争いを好まない気配りの優しい平敷がなぜ、戦場を選ぶことになったのか。ここが番組の大きな主題のひとつとなる。

 ベトナム戦争が終わったあと、平敷はカンボジアの戦争、バングラディシュの戦争、ベイルートの戦争、イスラエルとアラブの戦争、イランの革命戦争、湾岸戦争と、現代史の戦跡をほとんど従軍して本ものの戦闘を撮影することになる。この体験は当然にも彼の心に爪あとを残すことになった。PTSD、彼が戦争症候群と呼ぶ心の傷だ。

今でも緑美しい道を車で走行していて突然不安になることがある。突然行く手に「待ち伏せ」が隠れているのではと緊張する、公園の柵の内側に入ると地雷が仕掛けてあるのではと不安になる、爆竹の音を聞くとパニックに陥る、涙もろくなり、夜悪い夢をみてうなされる、など。これらの“症状”はベトナム戦争症候群と呼ばれる病である。

これにかかったベトナム帰りの兵士が一番安息した思いにかられた言葉は3つ。
「ようこそお帰り」「ありがとう」「あなたが無事生きて帰れて神様に感謝」。
この言葉がどれほど傷を癒すのかということを、平敷は饒舌ではない語りで一生懸命語ったということを、私は取材班から聞いた。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-06-11 18:06 | Comments(0)
<< 断捨離 今のままでいいか >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧