人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

霊界の入り口で

霊界の入り口で

誰もいない実家で2晩過ごした。電気と水道、ガスは一応通じてはいるが、めったにしか使わない風呂を沸かし、ガスで魚を焼き、テレビ画面にDVDを再生して稼動させた。静まりかえった屋敷を揺さぶって、眠りから覚まさせようというのだ。そういうジタバタはかえってよくないようだ。夜が更けるにつれ不気味さは徐々に漂いはじめた。小暗い仏壇の金具が鈍く光りだし、床の間に安置された母と父の遺影がぼーっと浮かびあがる。

よせばいいのに、仏壇の扉を開けて、内部を整理することにした。上段の下手に大きな位牌、上手に繰り出し位牌が鎮座している。中央には阿弥陀如来像が架かる。
繰出し位牌の蓋を外して、中を調べる。白木の札板が数枚入っていた。
元来は三十三回忌を終えた古い位牌をひとつにまとめる為に繰り出し位牌は使用されるのだが、四十九日法要をもって直接木札にされるのもあるようだ。繰り出し位牌のいくつかの木札には享年が2歳、1歳という短いものがあった。

仏壇の引き出しを開けると、母のメモらしいものがある。どうやら、繰り出し木札8枚の説明書のようだ。8名中5名の人物の名前はいかなる血族か想像がつく。祖父と祖母の名前は知っている。さらに曽祖父と曾祖母、曽祖父の後妻の名前は判明したものの、残る3枚の消息は初めて知るものばかり。K子0歳、Y子1歳、T男1歳、みな乳児で死亡している。どうやら、父の弟妹らしいと見当がついた。
驚いた。父に2人の妹と一人の弟がいたなんてことは初めて知った。死亡年を見ると、大正14年、昭和2年、昭和6年とある。都会はともかく地方は不況であえいでいた時期の死である。生育環境も充分でない時期に乳児たちはその姿を一瞬垣間見せただけで、永遠の彼方へ旅立っていたのだ。何か、赤子の泣き声が闇のなかから聞こえてくるウィリアム・ブレイクの詩を思い浮かべる。ブレイクは夭折した赤子たちを天使として見立てる詩が多かったと覚えているが。

ひたすらに還りくる子を待ちまちし姑逝きて五十年共にここに眠る

母の短歌である。父の母つまり私の祖母は、49歳で昭和24年に逝った。寡婦の身で頑張って男の子2人育てて奮闘の末の脳溢血死だった。21年に長男が復員しやっと親子の暮らしができると思った矢先の死。無念であったにちがいない。不幸であった祖母の運命を、生前の父は密かに悲しんでいたと今になって知る。その母子が今同じ墓に眠ると歌った母も泉下の住人となってしまった。

かくして私は深夜物音一つしない静寂(しじま)のなかで、一人がさごそと動きまわり霊界と交通しようと思い立つも、途中で怖くなって引き返した。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-05-31 17:59 | ふるさとへ | Comments(0)
<< いつのまにか風は緑に 未来から回顧 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧