人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

川の流れのように


 美空ひばりの家

これまでに、私は美空ひばりの番組を2本作ったことがある。
1本は亡くなった直後の昭和64年。
「ひばりの時代~廃墟に流れた“悲しき口笛”~」
もう一つは一昨年である。
「最期のひばり~付き人の日記が明かす3ヶ月~」  
それぞれスペシャル番組としては高率の視聴率だったので、印象深い。
* *

その朝早く「美空ひばりがやっぱり死んだよ」とTプロデューサーから
電話が入った。薄闇の中で、私はぼんやりと聞いていたが、受話器をおいてから
ことの重大さに気付いた。
 その半月前に私はひばりが危篤であるらしいという情報を入手していた。
密かに、ひばりと共に生きた庶民の戦後史を企画し、取材を始めていた。だが、
その後聞こえてくる噂は深刻な事態とは程遠く、ひょっとすると間違えたかと取材を
一時中断していた。そこへ飛び込んできた訃報だ。私は不意を撃たれた。

――ひばりこと加藤和枝の生家は、横浜市磯子区の通称屋根なし横丁にある。
このあたりは戦前から勤め人の多い地域だった。
そういう世帯を相手に、細い路地をはさんで両側に二十軒たらずの店が商っていた。
 ひばりが死んだ頃には、タバコ屋をのぞいてすべて店を閉じていた。周りは洒落た
住宅街に変貌していたが、ひばりの生家は旧商店街の一番奥にそのままあった。
 ひばりの母方の親戚が住んでいた。その家のなくなった主人は、
ひばりがデビューする前の素人楽団で司会を務めた人物だった。生前、家の立替を
勧められたとき、ひばりはここで生まれたのだからその由緒を消すわけにはいかないと、拒んだという。その家を撮影した。

間口は狭く2間ほどしかない。中へ入るとセメントのタタキが奥にむかって
沈みながら伸びている。水はけを気にする魚屋の家の作りだ。廊下には片側に
2段の押入れがある。3歳のひばりが近所の迷惑にならないようこの中へ
入って蓄音機を聞いたという。この家には伝説が至る所にあった。

ひばりが死んだとき、生い立ち、栄光、家庭の複雑さ、女性としての不幸など
あらゆることを、マスコミは書きたてた。だが、情報が増えれば増えるほど
美空ひばりの正体は見えにくくなったのではないだろうか。

 そんなとき、私は横浜の屋根なし横丁の、あの家を思った。
ある夕暮れの情景が浮かんでくる。…
魚屋の店頭で、母が威勢よく声をかけながら愛嬌をふりまく。奥では
ちょっと東海林太郎似の父が浪花節をうなりながら魚をさばいている。
かたわらには、おそろいの浴衣を着せられてはしゃぐ、ひばりと一つ違いの妹。
幼い弟たちが走り回っている。
まもなく店仕舞いをして、加藤家の遅い夕食が始まる。磯子の丘の上には、家並の灯が
ともっている。

その後、この家族を襲う数奇で過酷な運命を誰も予想できない、しない。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング


川の流れのように_c0048132_23295081.jpg

by yamato-y | 2005-04-10 23:05 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< 冬のソナタ・ファーストキスと一吻 テレビの黄金時代 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧