人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

立って洗う/座って洗う

立って洗う/座って洗う

中国からの留学生Rさんが、日本へ来ていちばん不思議におもったのは、お風呂で座って洗うことでしたと語る。そんなこと当たり前でしょと言いかけたが思い直した。たしかにその通りかもしれない。日本人はみな洗い場で座って洗う。Rさんが見た光景は銭湯だったからだが、内風呂でも日本人は体を曲げて、座って洗っている。近年増えている狭いユニットバスなら湯船の外で洗うことはなくなっているかもしれないが、湯槽と洗い場が併存する日本式であれば、みんな座って体を洗う。日本独特のスタイルだなんてこれまで思ってもみなかった。

Rさんはパリで生まれ育って、7歳のときに香港へ移住し、アメリカにも数年いたというコスモポリタン。東西の文化にも詳しい。その人がいうのだから、座って洗う方式は日本独特の風習なのだろう。
まず、日本以外の国では風呂にみんなで入るということはほとんどしないそうだ。お風呂はトイレと同じ個室のようなもので、誰かといっしょに入るなんて習慣はありませんと、Rさんは主張。しかも体を洗うときはシャワーを使いながらだから立って洗うことになる。

なによりも、お風呂に入る回数が日本人に比べて香港もパリもきわめて少ない。毎日入浴するなんて習慣はない。熱いお風呂に肩まで体を沈めて、お湯がざあざあこぼれて「ああいい気持ち」といって悦に入るなんてことはよその国ではなさそうだ。

 昨日の美大の学生の授業でのやりとりで飛び出た話だ。今回は放送局見学をしたあとの授業ということで、食堂でうどんを食べながらドキュメンタリーの企画について全員で考えた。そこで、面白いネタとして飛び出たのが、お風呂の習慣、ウォッシュレットのトイレ、ラブホテルのノート、人見知り、などであった。

 メンバーの黒一点のKくんは、ラブホテルのベッドの側に置いてあるノートが面白いということを開陳した。ネタとして書いているのかもしれないが、そこにはホテル利用者の人生や趣向がほのみえて、ついつい読んでしまうという。(おいおい、そんな発言をしていいのか。あんたもそこにいるということなんだけど)屈託なく、Kくんは話を続ける。

 最近読んだなかで面白かったのは、47歳の埼玉の主婦と23歳のたっくんの関係について書かれた文章だった。埼玉の主婦は熱く記していた。家に帰れば旦那と子供の食事の世話が待っていて、考えるとさびしいが、ここにいるときだけはたっくんが命。と記していたそうだ。しかも、ご丁寧にその記事には別の利用者の「コメント」まで付いていたそうだ。たっくんの意見も知りたいものだねえと、水を向けると、「今度、調べておきます」と律儀に答えるKくん。

 それにしても47歳主婦と23歳の組み合わせはどうなのだろうと、私は挑発。それまで黙って聞いていたTさんが口を開いた。
「今、二人は夢中になっているときだから、こんな心境を主婦は書いているけど、いざ離婚したら、お互い白けるのじゃないでしょうか」と鋭い指摘のTさん。彼女は将来作家を志望するだけあって、人間心理の洞察が深い。

 「ラブホテルで分からないのが、備え付けられたカラオケだ。誰がどんなときに使うのだろう」と、性懲りもなく私は再び挑発した。
ホテル評論家のKくんは「それはフリータイムを利用するのですよ。その時間帯であれば料金は高くないし。この間もオヤジの声ががんがん響いていました」とすかさず論評。現代のラブホテルは大人のアミューズメントパークらしい。

此の話題の間、1年生のNさんは黙って(興味津々で)耳を傾けていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-05-23 12:25 | Comments(0)
<< いつからここにいるのだろう 少し緊張しながら >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧