人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

少し緊張しながら

異動の予感

 本日は休日出勤となる。午後1時から放送センターで1時間講演することになっている。聴衆はなんとアナウンサーのデスクたちである。
全国の主要な地方局のアナウンサーデスクたち20人ほどが集まって企画会議が行われるのだが、それに先立って、私がディレクター、プロデューサー側の視点に立って企画論について話せと、K副部長から要請があった。最初は気軽に引き受けたのだが、出席者の顔ぶれを見て、顔がひきつった。なんと、現在全国の拠点放送局でばりばり仕事をしている40前後のベテランアナウンサーばかりだ。つまり、話のプロ中のプロだ。ここで、いくら番組のこととはいえ1時間も話をするというのは無謀というか無知というか。

 この4、5日、その講演のための原稿作りに追われた。昨夜、やっと全体構成が出来た。今朝、それを見直してチェックしている。

 講演の話がひょんなことからもう一つ起こった。昨日、1ヶ月検診で病院に行った。主治医が診察を終えたあと、「ちょっとお願いがありますが」ときりだした。一瞬ぎょっとした。何か特別な治療でも始めたいというのだろうか。不安がよぎった。

第3外科の医長であり副学長でもあるN先生は微笑しながら、12月に看護師さんたちに話をしてくれませんかと要請。大学病院の看護師さんたちの総会があるときに、患者から見た看護師の仕事ということを話してほしいというのだ。なぜ、私なのかとあっけにとられた。先生はにこにこ笑っている。「患者さんからはどんなふうに見えているのですかね、忌憚のないご意見を伺いたいのですよ」
 断る理由もない。というか、1月に入院していたとき、もっとも感動したのは夜の当直で奮闘する看護師たちだった。消灯された部屋を懐中電灯片手にひとりひとり気遣う様子は、まさにナイチンゲールだと感じた。あの人たちのことをきちんと自分でも受け止めたいと思っていたから、この講演依頼は喜んで受けることにした。

 病院からもどって、自席で「企画の立て方」を整理していると、まもなく人事異動が始まるという話がでた。私も異動の対象になっているようだ。といっても転勤するわけでもなく、部間異動だが。現在の部には3年前に来た。元いた番組制作の現場と少し違ったのは、番組だけでなくイベントや他のメディアの仕事もする部署だった。今年の異動で、また元の古巣に戻ることになるらしい。私にとってはそのほうが楽しい。

 さて、講演まであと3時間か。なんだか緊張するな。いつも画面でみているキャスターや司会者たちの前で話をするのだ。とちったらどうするのか。

 ―-実は開き直った話をするつもり。題して、「come come everybody」。みんなカミカミしましょう。噛んで何が悪いのということから、話を始めようと考えている。前から気になっていたテレビ界の常識というのを話の俎上にあげてみようと、原稿を作ってみた。どんな反応があるか。講演後の質疑応答が楽しみだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-05-22 09:42 | Comments(0)
<< 立って洗う/座って洗う 本日も雨 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧