人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

四分の熱

四分の熱

目白の俳句倶楽部から同人誌が届いた。去年の後半から母の病気もあって句会参加が叶わなくなり、さらに私自身の入院と重なって長く句作からは遠ざかっていた。先月、やっと気を取り戻したこともあって、雑詠に三句、兼題に一句を投じた。その結果が、今回の誌面に出ている。なんと、私の句が初めての天位をいただいた。思いがけない朗報に嬉しい。
おそらく、なんの野心もなく、今の憂さを少しでも解消しようかなというぐらいで、ひねったのがよかったのかも。欠席が続いている私を、同人の皆さんが励まそうと推薦してくれたのかと考えてもみたが、すべて匿名になった句から選ばれるのであってそれはない。6人のメンバーが取り上げてくれたのだ。僥倖に素直に喜ぶ。
 春裂けて卵のごとき月出づる
 この句を着想した夕刻はよく覚えている。4月はじめの寒い土曜日の夕暮れだった。桜の花びらは開いたものの寒さでかじかんでいた。低い雲の垂れる空にどろんと月が浮かんでいた。寒いとはいっても、月を見る私のなかにやっと冬は過ぎたのだという安堵があった・・・。

 句会の主宰の二六斎師が冊子に手紙を付けてくれて、今回の句が選ばれた経緯を親切に報告してくれてあった。私と同年の師は、私にとって「老年」の友情を結ぶかけがえのない人物。50を過ぎて友ダチになるということはめったにない。心のこもった文章に四分の熱を感じた。与謝野鉄幹、の「六分の侠気、四分の熱」のあれだ。

ところで、二六斎師の境遇にも大きな変化があったことを、冊子の記事から拝察した。3ヶ月前に兄上を亡くされ、半年も経たない四月初旬に一つ年上の姉上を奪われたと、師のコラム「深悼」に記されてある。なんとすさまじい兄姉の死の連続か。六十半ばの死だ。師の無念を思ってあまりある。
その姉上の柩に、一枚だけ短冊をしのばせたと二六斎師は書いている。
ふるさとは夢のをわりの花りんご
師は津軽の出身である。黄金連休の今頃に桜満開をむかえる弘前がふるさと。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-05-02 16:14 | Comments(2)
Commented by 葱男 at 2010-05-04 12:23 x
「め組」天位、おめでとうございます。

久しぶりに「登羊亭」さんの名前をみて、嬉しかったです。
Commented at 2010-05-06 10:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 乾いた笑い 黄金の週間 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧