人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

故郷の廃家

故郷の廃家

5ヶ月ぶりに敦賀の実家に戻った。京都の大学の帰りである。京都駅を出発するときから怖かった。母が亡くなり誰も住んでいない実家に帰ること。年末以来、悲しみといえるような感情は不思議なことに湧かない日が続いていた。だから、この帰郷でその感情が堰を切ったようにあふれ出るのではないかと怖れたのだ。

午後1時過ぎ、実家に着いた。玄関に落ち葉がかなり溜まっていた。いかにも無人の家だ。引き戸を開けて玄関の式台に荷物を置いたまま、私は掃除を始めた。玄関まわりをきれいにしたかった。庭を見渡したところ雑草はない。庭木も雪折れはないようだ。思った以上に家は傷んでいない。

家に入り、母がいつもいた台所に入る。空気がよどんでいる。窓という窓をすべて開け放って風を通す。小寒いが、そんなことも言っておられない。座敷に行くと、小さな机の上に母の遺影が飾ってある。京都で買ってきただし巻き玉子を墓前に供える。母の写真のそばに父のスナップもあるので並べる。「今、もどりました」と二人向かって手を合わせる。

 再びダイニングキッチンに戻る。壁に去年のカレンダーがかかっている。2009年12月の日付のままになっている。母は12月22日に死んだのだ。テーブルの上には母の使っていた茶碗や急須がそのままある。水道も蛇口をひねれば出るし、ガスも点く。なにもかも母のいたときと変わらない。母がいないだけだ。お湯を沸かした。

 床の間に母の大事にしていた品物が積まれてある。アルバムだ。お茶を飲んでから、アルバムを点検することにした。アルバムに整理された写真以外にも小箱のいくつかにぎっしり古い写真が入っている。父親の兵隊時代の写真、母の女学生時代の写真、孫の幼い頃の写真。数百枚の記念写真やスナップがある。いよいよ、この家が整理されるとなると処分の対象になるだろうから、私に関する写真だけえり分けておく。

私の大学生時代の写真が出てきた。ほとんど写真は残さないのだが、海水浴に出かけた22歳の私がいる。いや、もっと古いものもアルバムのなかにはさまっている。小学校4年生のときの作文まである。一つ一つみたり読んだりしていると、あっという間に時間が経つ。ふと気がつくと、部屋は薄暗くなっていた。午後6時に近い。慌てて、近くのスーパーへ買出しに行く。とんかつ弁当と即席スープを買い込む。帰って風呂をたてた。湯船は汚れていない。15分で沸いた。

 熱いお湯にざぶりと漬かる。縁までいっぱいのお湯がざざーっとこぼれる。こぼれた瞬間、どっとこらえていた熱いものがこみあげてきた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-04-25 17:01 | センチメンタルな気分で | Comments(0)
<< 山桜、れんげ草 匂いガラス >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧