人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

匂いガラス

匂いガラス

 あれは何だったのか分からない。ガラスの破片のようなもので、消しゴムぐらいの大きさだった。こすって匂いを嗅ぐといい香りがした。ガラスというより強化プラスティックのような手触りだった。
クラスの友だちが家から持ってきたものだと称していたから、その破片の元が何であったかは知らない。授業の始まる前の少し長い休み時間に大騒ぎしてその匂いガラスをあちこちにこすっては匂いを嗅いだ。小学4年生の頃の話だ。

 ずっと後になって唐十郎脚本のテレビドラマで、匂いガラスは戦闘機の風防の破片だと語られていた。墜落した戦闘機のガラスの破片ということになっていた。その着想に驚いた。たしかにガラスのようでガラスでないその破片は特殊な、つまり戦闘用の器具と考えるにふさわしいような気がした。でも、この戦闘機説はきっと嘘だ。唐独特の語りだろう。いや、騙りにちがいない。
あの頃、昭和30年代前半には貧しい文房具しかなかった。筆箱だってプラスティックのものだけでなく鉄製のものを使っていた友もいた。私の筆箱の中にはとんぼ鉛筆のHBが3本ほど入っていた。濃く柔らかい4Bが好きだったが、芯が減るのが早いからといって買ってはもらえなかった。高校受験のとき、三菱ユニという高級な鉛筆を買ってもらうことになるが、それまではずっとちびた鉛筆ばかりだった。

 ――夢をみた。匂いガラスの塊のなかに閉じ込められた夢だ。松脂に閉じ込められた昆虫のように、私は匂いガラスのなかに封じられている。窒息しそうで苦しい。突然マツダユーサクが現れて、その塊をぶっ壊してくれる。外へ出ると、ユーサクの二人の息子たちが憤然とした顔で立っている。もたもたするなと言わんばかりにシッシッと追い払われる。親の七光のガキのくせに、生意気な、と腹をたてるが、気がつくと誰もいない。

 夢から覚めて、「匂いガラス」のキイワードでネット検索。すると、こんな記事が出てきた。
〈それは、ずばり!当時アクリルガラスと呼ばれていたものです。そして別名、匂いガラスです。当時の子供達はよくこれを拾って匂いをかいでよろこんでいたようです。御推察のとうり、航空機の風防に使用されていたものです。(中略)それから、匂いの原因ですが、溶剤の匂いだと思います、博物館実習で、標本をアクリル樹脂で作りましたが、いい匂いでした。〉
 唐十郎が書いていたことは本当だったのだ。私らが匂いガラスに興じていた頃はまだ戦争の記憶や傷跡が日常に浸出していたのだ。
 ところで、級友はあの匂いガラスをどこで手に入れたのだろう。敦賀の町は空襲にあったが、墜落した爆撃機はなかったし戦後破懐した戦闘機もなかったはずだ。名古屋あたりの軍需工場からでも持って帰った工員の仕業だろうか。そこに動員された父が息子に渡したものだろうか。
クラスにはロシアのルーブル紙幣を持っている者もいた。彼の祖父が、戦前ウラジオストックで商売をやっていて敗戦後紙切れ同然の高額ルーブルを持って帰還したのだと、その級友は語っていた。軍港ではないが、日本海交通の要衝として、敦賀はいろいろな戦争の傷をもっていた。

 評論家の関川夏央は私より1つ下で新潟生まれだ。日本海育ちの彼が書く少年時代はなんとなく私と同じ色、匂いがすると常々感じている。彼がたびたび言及するローカル鉄道への思いいれは、私にも鉄道への特別な思いがあって共感する。だが、彼が進学して上京したあたりから、だんだん違和を私は感じるようになるが・・・。

 それでも同世代の記録を読むと、同じ遊びをやっているなとか同じ映画に関心をもっているなと同調することが多いが、私の住む町では映画は小学生だけで行ってはならないと決められていたから駅前シリーズも日活もほとんど同時代鑑賞はできていない。関川や高平哲郎らは羨ましいぐらい映画を見ている。でも、なんとなく同時代人という気分になる。こじつけだが、蕪村の句をしみじみ思う。
わが帰る路いく筋ぞ春の草

こうして7時過ぎ退社して、渋谷駅に向かって東急本店通りを歩いて行くと、前からどこかで見た顔がやって来る。なんと、関川夏央氏だった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-04-21 17:49 | Comments(0)
<< 故郷の廃家 清元という文化 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧