人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

会い見ても 鳥雲に

会い見ても 鳥雲に

いつとなくさくらが咲いて逢うてはわかれる 山頭火

今年も桜の季節が終わる。花が咲き花が散ればすぐ葉桜。慌しい世代交代。
もっとゆっくり春は行ってくれないかと懇願しても、造化の神は素知らぬ貌。
霰(あられ)も飛び込んだ山頭火の鉄鉢に、この時期には夥しい桜の花びらが舞い込んできたことだろう。彼が歩き回った中国地方。戦争が始まる前の、まだ少し安らぎがあった時代の句だと伝わる。

夕暮れとなった。春の夕暮れは物憂い。職場の窓から見下ろす通りも人影が少ない。
風が出てきた。街灯にとりつけられた旗がぱたぱたと揺れている。
有島武郎の「ちいさきものへ」の冒頭。《お前たちが大きくなって、一人前の人間に育ったとき、――そのときまでお前たちのパパは生きているかいないか、それは分からない事だが――》なんと感傷的な台詞か。ぬるい。
 と分かっていても、春の夕暮れに読むに相応しい一文だと言張りたい。なにかと評判の悪い有島武郎だが、私はこの人の言葉遣いが好きだ。


井上ひさしさんが亡くなった。去年、肺がんを公表したときから危ぶんでいたが、とうとう逝った。1988年に井上さんの故郷川西町へ、シリーズ授業の収録で同行したときからお付き合いが始った。といっても、それほど回数を重ねたわけではないが、何かと助力をいただくことが、その後もあった。北野武さんとの対談も楽しい仕事だった。同じ浅草育ちということで二人は会ったのだが、タケシさんの含羞には驚いた。饒舌な井上さんと攻守ところを変えた対談となったことが懐かしい。

井上さんの原稿が遅いことは有名だった。われわれの世界でも原稿の締め切りが遅い人はいくらもいる。でも最終的には間に合うというのがジョーシキだが、井上さんの場合本当にアウトになってしまう。新聞記事になることも一再ならずあった。あの真面目な井上さんはどんなに苦しんだか、追い詰められたか。想像するだに胸苦しくなる。自分の性向を自認して、遅筆堂という号を名乗っていた。その井上さんが死去したとき、頬一面にひげが生えていて、さぞ苦しい闘病だったにちがいないと、誰かが追悼で記していた。そのことが心に残った。季語で、「鳥に雲に入る」というのがある。春先、渡りが古巣をめざして帰っていくさまだ。

鳥雲に入る遅筆氏の不精ひげ

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-04-13 17:59 | Comments(0)
<< 余り世や 辛らつな人 >>


最新のトラックバック
外部リンク