人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

しろがねの森の春

しろがねの森の春

都内にも深い森がある。しろがねの森もそのひとつ。昼下がり、カメラと双眼鏡をもって出かけた。植物園となっている園内にはあちこちに植物の表示がある。それを手がかりに春の花をひとつひとつ愛でる。ひとりしずか、山吹草、しゃげ、にりん草、すみれ、など黄色や紫の花があちこちに開いている。わずか一月前には灰色だった園内がうって変わって華やかな花園。

園の中央に大きな池があって、ほとりの片側は桜並木となっている。
池の水がぬるくなり、メダカ、泥鰌、が走り回りザリガニがゆさゆさと活動していた。その池に桜の花びらが舞い降りる。風下のほとりには花びらの筏。

桜が散り初めとなっていた。風も吹かないのに花びらがちらりほらり。時折、ざざーっと無数の花びらの群舞。桜並木を行く人たちもたちまち足を止めて枝を見上げる。信じられない風景が目の前にあると、どの顔もほころんでいる。私もベンチに座り込んでその光景に見入った。
春が行く。水面の光がほとりの木に反射して、幹にゆらゆら縞模様が現われる。花吹雪は水面上ではゆっくりと落ちるので雲霞のようだ。

園内を歩く。足元にヒトリシズカがひっそりと咲いている。花というほどの彩りもない清楚が好もしい。山吹の花、ヤマブキ草の花、森のなかの灯りのようだ。
日陰の沼にゴイサギがいた。木陰にひっそり立っていた。動かない。双眼鏡を取り出してしばらく観察した。やがてゴイサギは活動を始める。浅瀬をあちこち歩き回る。どうやら餌の魚を探しているようだ。

奥の森まで遠出しないで、池の木橋を渡って園の出口に向かう。冬の間は蒲の林だった汀がすっかり干上がっていた。つがいの鴨が水遊びをしていた。

古今集の巻2にある歌を思い出した。

春ごとに花の盛りはありなめどあひ見むことはいのちなりけり

まさに幾度もめぐり来る春ではあるが、今年の春はひときわ私にとって思いの深いものとなっている。寒いときの病から、ようやく立ち返ってくることが出来た春。

園の出口に近い草むらにしゃげが群生していた。アヤメ科の植物で、たしか故郷(くに)ではキツネショウブと呼んだと記憶する。加賀の山中にある亡父の墓の周りにたくさん咲いていた。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

しろがねの森の春_c0048132_2123263.jpg
しろがねの森の春_c0048132_21231581.jpg
しろがねの森の春_c0048132_2123258.jpg
しろがねの森の春_c0048132_21233832.jpg
しゃげ
by yamato-y | 2010-04-10 20:33 | Comments(1)
Commented by なを at 2010-04-15 08:25 x
大好きな「しろかねの森」の桜を見せてくださって
ありがとうございます。
「しろがね」ではなく濁らない「しろかね」といふのが好き…(^^ゞ
また、吟行で行くことになると思いますが、早く行きたいな。
<< ウチダ氏の卓見に導かれて 私のバブル時代 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧