人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

失敗の研究

失敗の研究


 『闇の奥』(辻原登)を一晩で読了。それほど面白かった.
というわけではない。読み始めて前段3分の一までの物語の設定、情況が面白そうなので、つい半分まで読んだ。そこまで行ったら止めることも引き返すこともできず、とりあえずどういう結末で終わるのかだけ知りたい、見届けたいという念がつよくなり、最後まで読んだというわけである。ミステリーは最後の結末の小気味よさを味わうために、サスペンスという舟に乗って進む。その舟は、わたしらの仕事でいえば「展開力」と呼ばれるものだ。この『闇の奥』では、行方不明となった民族学者を探し、彼が追う小人伝説の実体を明らかにしていく、というのが一応展開力になっていえるのだが、これが後段になってくるとまったく効果をあげなくなってくる。単なる展開の指標でしかなく、読者を引きずりこむ力をもたない。
物語は、《太平洋戦争末期、北ボルネオで気鋭の民族学者・三上隆が忽然と姿を消した。彼はジャングルの奥地に隠れ住むという矮人(ネグリト)族を追っていたという。三上の生存を信じる者たちによって結成された捜索隊は調査をすすめるうち、和歌山からボルネオ、チベットへと運命の糸に導かれていく。》帯に書かれた惹き文句だ。
 人跡未踏の熱帯のジャングルから政争渦巻く山岳地帯までを走り抜く。主人公たちの出身地和歌山がせり出す要素として配置された「毒入りカレー事件」。まさか、実際に起きた事件を背景にもってくるなんてと驚くが、それも尻切れとんぼになっていく。
そして、歴史の謎とされる食人風習をもっていたという小人族。面白い活劇要素がふんだんにもかかわらず、ストーリーは後段に入るとまったく面白くない。
なぜなのだろう。

 先週末に見た映画「グッド・シェパード」もそうだった。実話をもとにした物語で、CIAを創設した男の数奇な人生を描いた作品。冒頭で、キューバ危機のときに侵攻作戦を失敗したアメリカの軍内部に裏切りがいるというフック。その首謀者を探す主人公の、前半生をカットバックして描く。彼は優秀な学業を見込まれてインテリジェンスの本場イギリスで学ぶことになる。そのシステムを米国に導入することになる。留学前後にからむ指導教授は表向き詩を研究する文学の専門家。一方、諜報員として顔をもつ教授だが、その性向がゲイという”異能”が後に命取りになっていく。美しい妻とは出来ちゃった婚で結ばれるが、心が通わず冷たい家庭。一人息子を愛していてもその感情をストレートに表せない。やがて、その息子も父の後を襲うようにして、インテリジェンスの世界に飛び込んで来る。しかし、謀略にはまり、息子は敵側の女スパイと恋に落ちる。その恋人は結婚寸前に敵によって葬られる。などと波乱につぐ波乱の物語のはずなのだが、映画は面白くない。出演者も豪華だ。マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリーの2大スタア。さらにロバート・デ・ニーロまで登場する。それもそのはず、監督はロバート・デ・ニーロ。普通なら、スコセッシなら、もっと面白い映画になるだろう。こんなにエピソードがあって豪華配役陣で、なぜ面白い作品にならないのだろう。

まず考えられるのは要素の過剰ということだ。話が多い、多すぎる。いきおい場面(シーン)数が増えていくばかりで、お話に深みがない。もっと、話の筋を太くするべきではないか。両者とも分量が多い。〔それぞれ3分の2にすれば、かなりすっきりするのではないか〕

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-04-08 08:59 | Comments(0)
<< 私のバブル時代 思い出すままに >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧