人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

思い出すままに

思い出すままに

小泉文夫が、世界の音楽を聴いて回ったがそのなかで清元は最高だと語ったことがある。そんな言葉はずっと忘れていたが、昨夜の酒席でふと思い出した。
今年、その清元をめぐるドキュメンタリーを制作する。願ってもない機会だ。心してその表現造形を観察し、演奏を聞かせていただくという至福を存分に味わおう。

先輩のYさんと病気の話で盛り上がった。中年を過ぎれば健康診断を定期的に受けることは大事だと二人は納得。健診の話題でひとしきり。
私はMRIのマシーンに入るのが苦手だと告白。あの閉鎖空間に押し込められて3分もたなかったと、恥をしのんで告白した。というのは、家族たちから私の振る舞いは臆病ではないかと揶揄されていて口惜しい思いをしているからで、恥の気分をぬぐうのはなかなか難しい。
それを聞いたYさんは即座にアドバイスを呉れた。
「ガガーリンを思えばいいのさ」
1961年に打ち上げられたソ連のボストーク1号に乗り組んだ宇宙飛行士、それがガガーリンだ。人類で最初に宇宙に飛び出た人だ。当時のロケットはまだ不完全で、回収すら運次第というおそろしく危険な乗り物だった。居住スペースなどという概念はなく、操縦席に固定されて身動きがとれない状態に置かれていた。
打ち上げられたのが61年の4月12日の6時7分で、着陸したのが7時55分。1時間8分は座席に釘付けになっていた。いや、出発前から固定されていたから2時間以上は動けなかったわけだ。ガガーリンはこの非人間的な装置に2時間耐えた。
それに比べれば、MRIの10分くらい、というのがYさんの忠告である。なるほど、これからMRI検査を受けるときは、このエピソードを思い出すことにしよう。

コンラッドの題を想起させる、辻原登の新著『闇の奥』。4月に出版されたばかりだ。手にとってぱらぱらとページを繰っているうちに引き込まれた。読みが止らない。文中に啄木の短歌が引用されており、しばし繰る手が止る。
誰が見てもわれをなつかしくなるごとき長き手紙を書きたき夕(ゆうべ)
『一握の砂』に収録されているそうだ。前に読んだときは気にならなかったのに、なぜ今心に留まるのだろうか。

京都の好きな路地に石塀小路がある。夜半、酔余でそのあたりを歩き回る。時雨と出会いながら歩けばさらに陶然とする。風雅を感じる。
これと同じ感覚をイタリア・ペルージャの路地で味わったことがある。初秋の中部イタリアは夜も深々としていた。山吹色の街灯が路地にぼんやり浮かんでいた。『須賀敦子が歩いた道』という写真エッセー集を見ていて、その路地の名前を知った。「極楽通り」―ヴィア・デル・パラディーソ。パラディーソ――パラダイスだから「天国」と訳したい気がするが、須賀は極楽と記している。イタリア語の達人が訳すのだから正しいのだろうが、この言葉は特別の響きをもっている。キリシタンの美しいオラショに私のなかでつながっていく。

♪パライゾの寺にぞ 参ろやなぁ パライゾの寺とは 申するやなぁ 広いな寺とは 申するやなぁ 広いな狭いは 我が胸に 在るぞやなぁ

この歌を、今村昌平の映画「復讐するは我にあり」のなかで三国連太郎が歌っていた。彼の役は五島出身の漁師で潜伏キリシタンの末裔だったのだ。


 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-04-07 14:51 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented at 2010-04-19 12:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 失敗の研究 順不同 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧