人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

半蔵門の桜

半蔵門の桜

国立劇場、3階稽古場に行って来た。清元のお稽古を見学してきた。
8月24日に行われる「芸の真髄」のリハーサルである。清元は今から88年前に2つの派閥に分かれた。宗家といわれる延寿太夫高輪派と梅吉が主宰する梅派の2つである。両者は長い間同じ舞台に立つことがなかったが、今回の公演で一同に会するのだ。その二つの派の総帥二人が本日稽古を行った。

若い宗家、清元延寿太夫と老練な名人清元梅吉。延寿太夫が語って、梅吉が三味線を弾く。演目は清元の名曲「隅田川」。
班女の前の我が子梅若丸。その子がさらわれてしまう。子を求めて班女の前は諸国を放浪して探すうちに狂ってしまう。東国へ訪ね来てやがて隅田川にたどりつく。と、そこで我が子梅若丸の死を聞かされ悲しみに沈む。圧巻は、わが子が弔われたという塚の前に来て班女の前は泣き崩れるという場面。
本日のお稽古でも、この終盤の山場の表現を丁寧におさらいしていた。年長の梅吉さんが穏やかに教示し、熱心な宗家が真剣に耳を傾ける様子。脇で見学していても息が詰まるような緊張がびりりと張り詰める。
見学後、早々と劇場を出ると、目の前に盛りの桜並木があった。濠端だから当然といえば当然だが、あまりの花の美しさに言葉を失う。遠目では動いていないが、枝枝に目をやれば桜はかすかに揺れている。花越しに半蔵門の木戸が見える。回り道して堀側まで行く。「隅田川」を語っていた延寿太夫の心境を思った。彼がおかれた現在の厳しい境遇。悲壮な思いで稽古に望む太夫には、「隅田川」の主題はひときわ心に沁みるものだろう。
4月初頭の半蔵門。寒さを残した大気のなかに、桜はひっそりとかつ華やかに咲いていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-04-06 12:03 | Comments(2)
Commented at 2010-04-06 20:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-04-08 09:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 老後のトモガキ 花のとき >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧