人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

映画を撮りたかった

 映画を撮りたかった〜学徒兵竹内浩三〜

詩人・竹内浩三(1921〜1945)を知っているだろうか------

みんなして酒をのんだ
ぼくたちはすぐいくさに行くので
今度あうのはいつのことか
雨の中へ一人ずつ消えていく仲間
おい、もう一度、顔みせてくれ
雨の中でわらっていた
そして、みんなみえなくなった

1942年秋、21歳の浩三が、入隊を目前に書いた詩だ。自分の心を素直な言葉で語った浩三。今の若者達と何ら変わらない青年だった。しかし浩三は戦争に行き、23歳の若さで死んだのだ。
そしてイラクで戦争が起こり、戦火はまだ続く今こそ、浩三の事を思い出さずにいられない。

竹内浩三は日本大学映画科で学んでいた。将来の夢は映画監督になって、好きな映画を撮りつづけることだった。
実は、浩三は生涯にたった一本映画を監督している。映画科の卒業制作「雨にもまけず」である。この浩三が残した唯一の映画は、未だ発見されておらず、シナリオが残るのみである。

1942年、日大映画科在学中に、竹内浩三は学徒兵として召集される。
入営が決まってから同郷の友と共に作った同人誌「伊勢文学」に、こんな一節を浩三は残している。
「生まれてきたから、死ぬまで生きてやるのだ/ただそれだけだ」

姉へあてた手紙、教科書の見返しなど手当たり次第に、浩三はたくさんの言葉を書き残した。入営後、兵舎で隠れて書いた日記には、こんな一文がある。
「銀座を懐かしく思う。池袋のセルパントという喫茶店を、思う。しかし、行ってみたまえ。東京には、銀座があるであろうか。セルパントの蓄音機が、バイオリンコンチェルトを、今、歌っているであろうか」。
この日記には、ほのかに心を寄せた人へのあこがれや映画のことがびっしりと書かれてある。
軍の検閲の目を逃れるため本をくり抜いた中に日記を忍ばせて、姉に送った。だから残った。これは現在伊勢の本居宣長記念館に保管されている。

浩三が消息を絶ったのは、1945年4月、激戦地として知られるフィリピンのバギオだ。
浩三の戦死が伝えられたのは終戦の2年後。しかし遺骨はなく、故郷に戻ってきたのは空っぽの白木の箱だけだった。

映画を撮りたかったのに戦争に散った浩三の無念。
伊勢にある浩三の墓。墓標には、浩三のこんな詩が刻まれている。

生きることはたのしいね
ほんとに私は生きている
映画を撮りたかった_c0048132_13532395.jpg


よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-04-07 13:44 | 登羊亭日乗 | Comments(2)
Commented by azdrum at 2005-04-07 14:19
はじめまして。azdrumと申します。
若者が志を持つ、持ち続ける、ということの意味がだんだんと薄れていく現代です。
わたしも映画を志していますが、戦争も無い、池袋にも銀座にも光があり音楽が流れているのに、不自由だと感じることがありました。
けれど、もういちど、志や夢を持つこと、生きていくことがいかにはかないものかということを、考えなければいけないところにきているような気がします。
そうかんたんには奪われないであろう命を持っている限り、やっぱり死ぬまで生きなければ。志をもって。
映画が撮れるのだから、撮らなければ。
興味深い記事に出会えたことを感謝いたします!
Commented by mizumakura at 2005-04-07 16:05 x
良かった。こういう意見と巡り会えることはブログの大きな喜びです。
今後ともよろしくお願いします。
<< 池明観先生3 朝の道 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧