人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

カメラマン

カメラマンの態度

ベトナム戦争に従軍した記録『キャパになれなかったカメラマン』で昨年の大宅賞を受賞した平敷安常のことは、会社の大先輩の飯田さんから聞いた。飯田さんは報道カメラマンで、あのベトナム戦争のとき大活躍した、私たちのなかでは伝説になっている人だ。馴染みの居酒屋「たつみ」でよく顔を合わせたことから部署は違っていたが私は飯田さんと“ともだち”になった。

飯田さんが凄い経歴をもった人であることは知っているのだが、どんな活躍をしたのか知らなかった。でも、今度平敷さんから教えていただいたエピソードから、飯田先輩の活躍ぶりを初めて知った。

1965年、NHKはサイゴンに支局を開設する。
平敷が飯田を見かけるようになるのは70年代に入ってからである。飯田はベトナムには駐在しておらず、東京からの特派員としてときどきサイゴンへ“出撃”していた。飯田と相棒の記者の印象を平敷は「親しみやすく、明るい人柄、そして勇敢、NHKらしからぬ雰囲気は、すぐに現場の仲間たちとも仲よくなった。修羅場に強い優れたチームだという印象があった。」

リタイアした現在の飯田さんは白髪の細身の紳士だが、当時は日焼けして色が黒く地元のベトナム人と余り違わない。平敷さんは、彼のことを「黒田さん」と記憶していたぐらいだ。
飯田カメラマンは1933年生まれで関西の出身。相棒の田中記者は彼のことを、「ニュース感覚、ここぞという時の判断力も優れている。勝負師だ。それに人間的にもやさしく義理人情の男だ。私は何度助けられたことか。独特の河内弁でまくし立てると大抵のものは納得させられる。妙な特技だ。」と記している。飯田さんの河内弁は独特の雰囲気を醸し出す。

1971年に起きたラオス侵攻作戦のときの飯田の動きを平敷は思い出す。南ベトナム政府軍はラオス国境を越えて侵攻作戦を開始した。約一か月、飯田カメラマンは記者とともにホーチミンルート入りすることを密かにねらっていた。やがて物資輸送用の米軍のヘリコプターに乗り込むことができた。ヘリの中ではベトナム人になりすました。低空飛行でジャングルを越えラオス領内へと入り、ヘリが荷物をおろしている間にヘリから飛び降りて、飯田カメラマンは夢中で伝説のホ・チー・ミンルートを短い時間で撮影する。当時の現地の情勢を詳しく知るわけではないが、この仕事はかなり危険かつ困難なことと思われる。たいていの取材者なら二の足を踏むような仕事だ。そこをこの二人のNHKチームは果敢に挑んでいったのだ。

サイゴン陥落のときも飯田カメラマンは大活躍する。平敷さんは次のような証言をする。
《陥落直後の1975年5月1日、飯田カメラマンはシクロ(人力車)に乗り、四方八方に移動し、陥落後のサイゴンの模様を撮しまくる。現代史に大きく残る歴史的な瞬間を在庫の16ミリフイルムが無くなるまで、森紀元カメラマンと共に廻し続け、記録し続けるのである。》飯田さんはサイゴン陥落と、新しい国の誕生という歴史的瞬間を記録したのだ。

普段、散髪屋で会う飯田さんはとてもこんな経歴の持ち主には見えない。かつて黒田さんといわれたというが、色白で銀髪、細身の風貌は上品な大学教授といったところ。が、一言口を開けば、あけすけな河内弁でまくしたてる。修羅場での飯田カメラマンが目の前に現れる。
能ある鷹の謂いではないが、飯田さんのような凄い人材が市井にはたくさん埋もれている。おそらく飯田さん自身はけっして自分のことを語らないだろう。だからこそ、評伝というジャンルをもっと有効なものにしたらいいのではないだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by YAMATO-Y | 2010-03-26 14:22 | Comments(0)
<< ロングテール、 被害者的ラジカル >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧