人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

日本映画の高さ

日本映画の高さ

無茶苦茶、映画でも見て気分をすかっとさせたいと思った。渋谷ツタヤで準新作3本借りた。夕食後の8時過ぎから見始めた。退廃した男が、突然30年前の殺人事件を思い出すことから始まるという触れ込みの「フラッシュバック」。主演は新しい007のダニエル・クレイグ。テンポのあるミステリーかと期待したらこれが大外れ。思わせぶりな情況説明が延々と続く。頭の20分を見て放棄。次はヨーロッパの映画でどうやらイギリス製らしいミステリー、「プリテンド」。コペンハーゲン、シチリア、プラハ,間に数年がはさまる連続殺人事件という設定で、監督や役者のことなどまったく知らずにこのDVDを借り出したのだが、話の運びがなんともだるくイライラする。殺人事件のメインの話とは別の捜査する女性刑事の身の上話が思わせぶりだが、いっこうに前に進まない。シナリオが下手なのだ。これも10分で放棄。

最後に日本映画で「ぐるりのこと」を見た。2年ほど前に主演の木村多江がブルーリボン賞の主演女優賞を獲った作品で、リリー・フランキーが共演しているということで興味をもった。これが面白かった。夜更かししてつい最後まで見てしまった。
10年の夫婦の歩みを描いている。年代が分かるのは、夫のフランキーが法廷画家で彼が関与する裁判が、93年から日本で起きた代表的な事件の流れになっているから。むろん、ストレートに事件は出てこないが、宮崎勤、オウム地下鉄、大阪教育大学児童殺傷、などがそれらしく描かれている。まあ、監督のサービスだろうが、結構ワイドショーのノリで見て行ける。これが時間の流れを示すのに巧みな仕掛けだ。

妻の木村多江が子供を身ごもるが嬰児で失う。理由はさだかでないが、生まれてまもなく死んだ子を思い、多江は次第に正気でなくなる。それをフランキーがそばで緩やかに見守っている。露悪的と思えるほど、男女の性愛を具体的に描くが、これは正直言っていただけない。だってストレートな男女は、監督の資質から言って想像的としか思えず、やりすぎの感じになっていてくどい。ただ、そこでの体当たり演技が木村の演技として評価されたのかも。なにより、テレビ的ドラマの枠組みをざくっと超越している作品のカラーには敬意をもつ。

この病んだ妻が恢復するにつれ、日本画を描き始める。やがて、懇意にしているお寺から天井画として所望される。その絵は立松和平の娘が描いたものだということを川本三郎の追悼エッセーで知っていたので興味深かった。いい絵だった。
川本は立松の死を悼んで書いた文章だが、この天井画を見に行ったとき偶然立松の娘と会ったことを記している。彼女は幼い子供を連れていた。立松和平の孫である。孫までいる立松の死を悼みながら、一方子供をもたない川本は羨んでいた。昨年、妻をなくした川本の淋しさを見た気がした。このエピソードが、映画「ぐるりのこと」と絡み合って、私は映画の世界にすっかり引き込まれてしまった。橋口亮輔という監督は繊細でかつアナーキーだ。現代の日本映画のレベルの高さを感じた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-03-19 09:18 | Comments(0)
<< 南風吹いて 春のおとずれ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧