人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

さまざまなことを思い出す弥生かな

さまざまなことを思い出す弥生かな

よく晴れた。気温がぐんぐん上がっている。木立が光っている。3月も10日を過ぎた。たしか、あの人が戻って来る。
大橋の病院で同室だった人だ。たった一日だけであったが心に残る人だった。Mさんといった。タイのチェンライに住んでいる。水頭症になって日本の病院にかかっていたが、ついでに胃がんを発見されて手術をしたと言っていた。その手術を無事終えて一旦帰国するその日に私は会った。穏やかなきさくな人で、病室であったせいか、重い病気の翳りなど少しも見せない態度、振る舞いに引かれ、この人と友だちになりたいなと思って、私から声をかけた。出会ったその日が、ちょうど帰国にあたっていたのだが、3月10日過ぎに再度入院することになるから、またそのときに会いましょうといって別れた。そのMさんが水頭症の治療で大橋の病院に再び入っているだろうということを思った。来週でもお見舞いに行くか。

こんなことはあるか不思議だが、たった一度しか会っていない人と友だちになりたいなんてことを思う。そのときはこちらが入院したてで気が昂ぶっていたのかもしれない。その人の病人としての振る舞いがあまりに自然で、そこに関心をもった。病気との向き合いかたがごく自然で、同室の誰彼となく挨拶をする人で、その温容な姿が心に焼き付いた。60歳まで日本で仕事をしていて、年金をもらえる年齢になってタイへ移住したそうだ。若い奥さんと幼い子供がいるので、まだ20年は生きていたいと淡々と語った。冬の日差しのなかで、身の上を語るMさんは気負わず、人生を実直に生きているという印象を残した。

大江さんがインタビューで語っていたことを思い出す。人生に苦難が無くなるなんてことはないと思うが、云々。後段は忘れたが、苦難なんてものはあるものだと語ったことが私を揺らす。あれほど強い大江さんですら苦難に心が悴みそうになることもあるのだ。

胃を切り取られたこと、そのこと自体は予想した以上に衝撃ではなかった。だが、昨年後半から鈍くつづく”重低音”はいっかなやまない。

金沢の降りしきる雪を思う。材木町の狭い路地に重く降り積む雪を思う。長靴をぎゅっぎゅっと踏みしめて歩く。路地にこぼれる細い家の灯り。かすかに口を開けた溝の水路。1968年の冬だ。

80年代の半ばだったろうか、釧路湿原を踏査したことがある。雪が残る湿原を歩いて、どれほど破壊が進んでいるかを、地元のボランティアから教えてもらった。ハンノキが腐っている様子に胸が痛んだ。丘に登って、シベリア颪を身いっぱいに受けた。「なにくそ、なにくそ」と風に反発がその頃はできた。

昨日、鶴ヶ岡八幡の大銀杏が倒れた。実朝ゆかりのあの大木。
「アカルサハ、ホロビノ姿デアラウカ」と、太宰の一節が浮かぶ。

ゆらゆらと弥生が来た。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-03-11 10:20 | Comments(0)
<< 酒を飲みなはれ 偶感 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧