人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

戦友小説

戦友小説

伊藤桂一という作家は大衆小説作家としか知らず未読であった。ただ、「静かなノモンハン」や「遥かなインパール」という“戦争文学”も表しているという点が不思議だなと思っていた。講談社文芸文庫に「蛍の河」という著作集をみつけた。著者の体験をもとにした小説と解説にはある。
中国戦線で、主人公は幼馴染安野と偶然出会う。彼の上官で小隊長という立場での再会であったが、これまで実戦を体験しておらず、古参の兵である主人公を頼りにしている。半年後、田園地帯でクリーク掃討作戦を展開することになる。深夜、3艘の船に分乗して敵地深くクリークへ入っていく。すると、そこだけ、蛍が異常発生して群舞するエリアを船はゆっくり進む。著者は身体に弾筒をまきつけて船端に腰をかけているが、幻のような光景を見ているうちに睡魔が襲ってくる。そして気がついたら河のなかに落ちていた。付けていた弾筒は河底に着えた。出てこなければ小隊の責任が問われる。だが、安野はけっして興奮することなく探索を続け、ついに発見に至り、大事を免れることになった、という戦友小説である。
最後に安野は転属となり、船に乗って去っていく。最後の段落が美しい。
《河の曲り角で、人の形が小さくなってしまうまで、彼はこちらを向いて、少年のように手を振りつづけていた――。》
中国南部を侵略した日本軍といえば、まるで鬼畜のように三光作戦を行ったということばかりが強調されるが、兵隊として日常(内務班)には、新兵、古参兵を越えていつのまにかトモガキが形成されたこともあったにちがいない。周囲が見えない敵ばかりに囲まれている情況では、いきおい内につよく結びつくことになったのだろう。

これまで、戦記ものといえば、大岡昇平の『野火』、富士正晴の『帝国軍隊学習・序』結城昌治『戦旗はためく下に』のような軍の残虐性を主題にしたものか有馬頼義の「兵隊やくざ」のような荒唐無稽ものしか知らなかったから、この伊藤桂一の短編作品集にはちょっと新鮮だった。(これは、自分の浅学菲才を白状するようなものだが、事実だから仕方がない)

今になって、ようやく父が戦友会へいそいそ出かけていくことが少し分かったような気がする。60年代後半、ベトナム反戦運動が盛んだった頃、私は父に戦争加害責任をどう考えるのかと迫ったことがある。「うるさい、おまえなんかに分かるか」といって席を蹴って出て行った父を思い出す。父が死んで10年ほど例会の通知が来ていたが、数年前に会員が高齢化したので解散すると報告があった。母は父の一番の戦友を知っていたらしいが、その母も亡くなり所在は不明となった。なんでも、鳥取のほうで農業を営んでいると聞いたのだが。

 
たしかに、伊藤の文章は精緻でふくらみがあって美しい。読後に残るものがあるが、これは果たして実際に起こったことだけで書かれているであろうか。ないしは、不都合なことは排除していないだろうか。それは小説としては表現という地点に立てば当然のことだ。しかも、体験当時の伊藤は実際の戦闘も体験している26歳の古参の兵であったならば。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-03-01 17:14 | Comments(0)
<< 一閃 やはり本調子ではなかった >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧