人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

春のひざし

春のひざし

温度が上がったといってもうすら寒さがあった昨日と違って今朝のほうが暖かい。小鳥がさえずっている。
昨日、一昨日と2日にわたって、3本の企画をプレゼンすることが続いて、さすがに昨夕は気疲れした。夕方には体がぞくぞくしてやや風邪ぎみとなってしまった。早めに家に帰り、風邪薬を飲んで寝た。11時頃に目を覚まし、のそのそ起き出してDVDを見た。
ニコラス・ケイジの最新作。凡作。見る時間も無駄、こんな映画に巨費を投じるのも無駄、とえらそうに評価。

ベルリン映画祭で寺島しのぶが主演女優賞を受賞した。代理に監督の若松孝二がトロフィを受け取る映像が各局で流れている。
強面の若松さんが相好を崩すのは微笑ましい。監督賞も作品賞も獲ったわけではないが、なんとなくよかったよなあと思う。昨年制作した「全身漫画家〜真説・赤塚不二夫論」で、若松さんをクマさんとともにゴールデン街でインタビューしたことがある。こわい顔に似合わない優しいまなざしをもつ人だと感じた。
今回の授賞対象になった「キャタピラー」の前作「『実録・連合赤軍』の製作時に、役者たち関係者に向かって若松が語った言葉が忘れられない。
『マネージャーやお付きは連れてくるな。衣装もなし。メイクアップは自分で。もし何かスケジュールが入るかも知れないなら、今すぐ降りろ』と言い渡していた。」

あさま山荘のゲリラ戦の映画だからきれい事にはならないにしても、ずいぶん思い切った指示だ。私自身、ドラマの現場を体験したとき、役者という人たちの側にいるマネージャーという存在がひっかかったことがあった。なぜ、こういう存在が現場にいなくてはならないのかと腹を立てることがあったから、この若松指示には溜飲を下げるものがあった。しかし、芸能界では評判悪いだろうなあと想像もする。

桃色映画出身で、70年代の闘争を映画で闘った人物。そんな人が今回主題にしたのが”傷痍軍人の妻”だったとか。タイトルの「キャタピラー」にはどんな意味があるのだろう。妻を演じた寺島しのぶも見たいが、夫の四肢切断された元軍人の演技も見てみたい。

ところで連合赤軍を描いた映画はこれまで3本あって、そのなかの一本『突入せよ!「あさま山荘」事件』(2002)が先日テレビ放送されていた、見てがっかりした。最初の30分を見て嫌になった。こんな映画に役所広司はふさわしくない。今村昌平の香りのするこの若松監督といっしょに組んで映画を作ってもらいたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-02-24 09:27 | Comments(1)
Commented by いちたに at 2010-02-27 12:55 x
ごぶさたしてます。映画「キャタピラー」の詳細は知りませんが、たぶん乱歩の「芋虫」が下敷きになっているのではないでしょうか。("caterpillar"の本来の意味: 芋虫、毛虫)
<< 昭和37年、懐かしい年からの手紙 身近なものからの呪縛 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧