人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

撮影所システムがあった時代

撮影所システムがあった時代

 井上梅次映画監督が死去したとテレビが伝えている。日活全盛の頃の監督だ。「鷲と鷹」などを作り、「嵐を呼ぶ男)で石原裕次郎を一躍スタアに押し上げた功績をもつ人物だ。日本映画が衰退した後、香港で作っているという話を聞いたことがあったが、まだ存命とは思わなかった。映画会社がスタジオ(映画人はステージと呼ぶ)をもっていて、撮影所という場が映画製作に大きな力をもっていた時代だ。監督もスタッフも映画会社の専属で、その人事のなかで映画が作られていた。ロケ撮影は天候に左右されるから、出来るだけ無駄が出ないように撮影に入るなんてことは、撮影所システム時代には当たり前のことだった。今は、そういう撮影所所属でないフリーランスの監督たちが参加してくると、天候などにとらわれないブルーバックのはめ込み映像ばかりになっていると、OBの映画人が嘆いていた。

 映画作りにはいろいろなシステムがある。スタアシステム、ディレクターシステム、プロデューサーシステム、撮影所システムなどである。映画スタア中心であったり、監督が中心であったり(小津や山本嘉次郎ら)、城戸四郎や藤本真澄のような映画会社の幹部であったりしたのだ。プロデューサーシステムの代表はハリウッドのザナックだろう。ジョン・フォードの作品をいくつも手がけている。有名な「トラ・トラ・トラ」も彼が仕切っていたと思うが。

 そういえば。松竹の大船撮影所が閉鎖となったときに特番を作った。今から5、6年前になるか。最後の作品は、山田洋次監督の「学校Ⅲ」だった。撮影所で働く守衛さんや大道具さん、デザイナーのそれぞれの思いを語ってもらった。
 テレビ屋の私には、映画の衰退を対岸の火事のように見ていたが、昨今の動きを見ていると、テレビも同じ運命を辿っていると思えてならない。

 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-02-16 23:14 | Comments(0)
<< いい戦争 悪い戦争 冬芽のときに >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧