人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

冬芽のときに

冬芽のときに

寒い日が続いている。東京は2月がいちばん寒いのだとあらためて思う。
裸木となると、鳥の影がよく見える。今朝も家の前のポプラの大木の梢にちらちらするのが目に留まり、双眼鏡を向けた。めじろだった。黄緑色の羽をたたんだめじろがせわしく枝を行き来していた。鳥をみつけてスコープをのぞいていると得をした気になる。

出勤の途中、児童公園の園木に冬芽をみつけた。白い綿毛がぼーっと揺れていた。もうすぐ春。こんなに寒いけど、春の準備が始っている。
現在の私も冬芽状態だ。4月からの新しい年度での企画を実現するべく、取材、リサーチ、折衝と、直接番組とは関係ない仕事に追われている。これといって予定をもたないまま、デスクに座ると、あちこちから電話が入り、その対応に応じているとすぐ夕方になる。資料を読む込むこともできないまま、家に戻り、夕食後から就寝までの4時間ほどがその時間にあてる。ざっとこんな暮らしが1週間続いている。

昨日、久しぶりにぺ・ヨンジュン、チェ・ジウ両氏の話が私の元に来た。新潟震災のときに、すぐ義捐金を拠出してくれた二人を紹介したいのだが、その写真使用の許可どりをどうすればいいかという問い合わせである。それぞれの事務所の連絡先を教えた。ちょっと気になるのは、ぺ氏の消息が全然伝わってこないことだ。病気でもしているのだろうか。

そういえば、4年前の今頃、私はスタッフを連れて、春川に行った。寒い冬の日だった。ナミソムの早朝のロケは、人っ子一人いない荘重な風景を独占できて満足だったことを覚えている。だが、冬ソナはまだ大きなブームにはなっていなかった。私たちが春川の目抜き通りでロケをしていると、日本の放送局が取材をしていると、地元のテレビが逆取材して話題になるぐらいだった。その後の大ブームを考えると、信じられないくらい小さな出発から「冬のソナタ」は始ったのだ。

私の幼い頃には、韓国は戦争で山が焼けて禿山ばかりだと聞かされていたが、実際の朝鮮半島は緑の深い谷があちこちにあることを知って感動したものだ。

前にも書いたが、春川はこのロケの2年前に行ったことがある。そこの大学に池明観先生が日本研究の主任としていたからだ。そのときに見た春川は軍事基地の町だったから、自然の美しさなど目に入らなかった。あの町を舞台に、ユンさんはよく考えたものだと、今となって感心する。「冬のソナタ」は冬に考えるのがいちばんいいようだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-02-16 11:52 | 冬のソナタを考える | Comments(0)
<< 撮影所システムがあった時代 テータム >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧