人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

古里からの便り

古里

 第2のふるさとから便りがきた。第1は生まれ育った敦賀。その後こころに刻まれた深さによって第2、3、4と続いて並ぶ。
第2のふるさとは、大学時代を過ごした金沢だ。数年前、「利家とまつ」というドラマの実現に少し手伝ったとき知り合った県庁の人から、新しい金沢の町の案内の便りを頂いたのだ。
懐かしさが広がる。
 私が過ごした昭和45年頃、町にはまだ路面電車が走っていた。そのガタゴト揺れる車内から見た風景は、やさしい城下町だった。

 「青春の城下町」という歌謡曲がある。「流れる雲よ、城山に上れば見える 君の家」
もう30年以上前に流行った歌だ。新宿の酒場で歌謡曲談義にいつも、この歌でもめる。
この歌の舞台は金沢だ、と私が主張すると、絶対違うと反論するのがいる。
彼は、奥さんの里会津若松だというのだ。この論争はいまだ決着していない。
そこへ、最近参戦してきた者がいる。彼は弘前だというのだ。

いろいろあるが、これらの町に共通することは北国の城下町だということ。
これには誰も異存ない。

ふるさとは遠きにありて思うもの、と詠んだのは金沢出身の室生犀星。

金沢の郊外に内灘という海岸がある。今は開発されて団地になっているが、
当時は日本で2番目に広い砂丘だった。そこにはニセアカシアの林があって、4月から
初夏にかけて匂い、花を咲かせた。
 額に汗しながら、砂浜を歩いた記憶がよみがえる。北国の海は冷え冷えと青かった。
あれから34年。その後歩んだ人生は、当時予想もしなかったものとなる。

季語は新年だが、私の好きな句を思い出す。
 初暦(はつごよみ)知らぬ月日は美しく
吉屋信子の句だ。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング



古里からの便り_c0048132_17302699.jpg

by yamato-y | 2005-04-04 14:04 | 登羊亭日乗 | Comments(2)
Commented by shimayuri at 2005-04-07 20:47 x
「青春の城下町」は近頃私がよく耳にする歌です。私には思い出のメロディーではないのですが、わが家のダンナ様には、なつかしい歌だそうで、車に乗ると必ずこの曲がかかります。彼の出身は四国の松山。彼は「青春の城下町」は松山と信じて疑いません。北の城下町でなくて・・・です。
それぞれ、お城がある街が古里なんですね。私の育ったのも千葉の佐倉という城下町ですが、お城がないので、「青春の城下町」は思い入れがないのかもしれません。
Commented by mizumakura at 2005-04-08 00:23 x
そうかあ、やはり南の方もいましたか。城下の人という有名な本の舞台はたしか、松山か宇和島だったものなあ。
いささか、北国ナショナリズムを出しすぎましたか。でも、愉快。
<< ケンサンロー ユン監督の名作「峠」 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧