人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

春は来るとも

春は来るとも

 順調に恢復していることに少し浮かれていたのかもしれない。
今年の冬はひときわ寒さが身にしみるから、春が早く来てほしい、桜を早く見たいと密かに思っていた。昨日の朝、沈丁花の実がまっかになっているのを見て、春はもうすぐと喜んだりしていた。年々歳々花相似たりにばかり心が向かっていた。年々歳々人同じからずという言葉を忘れていた。

 だが、よく考えてみると、春は異動の季節でもある。新しい出会いもあるが、新しい別れもある。この年齢になってみると出会える喜びよりもむしろ別れがつらい。
午前5時半、カラスが騒ぎはじめ夜が白みはじめた。ベッドの上で来し方を思い、別れを考えていると、明けにくい夜はますます明けない。

 大江さんが贈ってくれた、まだ振り返ることをやめよという三好達治の言葉は理解するものの、還暦を過ぎた者には振り返ることのほうが機会としては多くなる。振り返るなかで、親しい人が私のシーンから去っていくのはせつない。

 飛躍するが、高峰秀子という人はこういうセンチメントや名声というものから超然としているそうだ。人生の達人というか、人生のツワモノらしい。映画の盟友であった成瀬巳喜男についてインタビューをさせてほしいという申し出があったときも、「それが、どんな意味があるの」と断ったと、最新の著『高峰秀子の流儀』に書かれてあった。成瀬と高峰の間については、二人が分かっていればいいことであって、別に他人に聞かせる話でもあるまいというのが、高峰の真情らしい。この伊藤一刀斎のような鋭い切れ味を見せつけられると、一言もないが、凡人にはそれほど鮮やかにモノ事を切ることはできない。

 昨夜、新しい別れを聞かされて落ち込んだ。体力も衰え気力も薄まれば、現役を降りることもあるだろう。と頭では理解するものの、いっしょに歩いてきた人がいなくなることは淋しい。年寄りだけではない、若い世代もまた同じところに止まらず、新しいステージへと旅立つこともあろう。同朋がひとりまたひとりと離れて行く。エリオットの言葉を思い出す。「四月は最も残酷な月」(April is the cruelest month)

 ネットニュースを見たら、立松和平さんが急逝していた。私と同年だ。80年代に何度か番組でご一緒した。最後に会ったのは、6年ほど前に沖縄で「課外授業」をロケしたときだ。仕事を終えて、那覇空港の食堂でスタッフと時間待ちしていたとき、隣にいた。久闊を互いに叙して、再び別れたが、そのときも元気があまりなかった。フィールド派だったから、こんなに早く逝くとは思わなかったと関係者のコメントがあるが、私には彼の死は意外ではなかった。
それほど近い人でもないが、それでも同世代としての死はひとつの別れ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-02-10 07:24 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 桃カステラ リアルのようなフィクションのような >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧