人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

リアルのようなフィクションのような

リアルのようなフィクションのような

 最近、ブログの分が悪い。昨夜、いっしょだった同僚から、仕事でコメントを書くのだってしんどいのに、よく毎日800字も1000字も書けるなあと冷やかされた。言外にそんなに自己顕示したいのかいと皮肉が入っていると感じた。井上ひさしが、「エッセーとは自慢話だ」と喝破していることを思い出した。

4年もブログを書いていると弊害が出て来る。ここで書いたことをすべて「事実」として受け取って、私に言ってくるのでなく、家人に問い合わせてくる人がいる。特に、大磯の自宅周辺や職場の知人などから声がかかるのがいちばん厄介だ。プライベート(私秘性)なことを書いているときはかなり話を作ってずらして表現しているので、必ずしも文字通りでないことが多いのだ。例えば、初恋の思い出といった場合、かなり話を複合化させている。つまり、自分の体験2割、残りは他者(ひと)から聞いた話8割といった按配だ。書かれてあることがすべて本当とはいえない。なのに、書いてあるからそうだと理解して、わざわざ助言を、私でなく家人に呉れたりすると、話はややこしくなる。家人はなんのことか分からず、しかも作られた話まで及ぶと当惑する。

 私がブログであれこれ書いていることを家人は黙認しているが、おそらく内容を読めばやめてほしいと思うこともあると思う。そこが、書き手の我がままというか暴走というか、つい表現してストーリーや”落ち”やカタチを作ってみたいのだ。だから、話半分のものが多いのだが、これをまともにリアクションされると、書いている私もとまどうし、いわんや家人はもっと面食らう。

 最近、ブログなどに代わってツイッターという短い140字限定のネット日記が流行っていると聞く。これぐらいの分量のほうが対話するのに便利で簡明だということらしい。これが面白いからと1年ほど前に薦められたが、私としてはブログのようなある一定の分量がないとつまらないと思ってしまう。お話を作る楽しみが少なくなるからだ。私はネットでのコミュニケーションを重視していない。書いたものがカタチになるほうが面白いのだ。

 先日の大江インタビューのなかで、大江文学は私小説かどうかということが話題になった。大江さんとおぼしき作家長江古義人、奥様とおぼしき千樫、光さんらしいアカリ、伊丹十三がモデルの吾浪、といった人物が登場してくると、書かれてある出来事は、大江さんの身の回りで起きたこと身辺雑記かのようにみえてくる。だから、そう受け取る読者が多い。そこを問うと、大江さんは旧来の私小説のようなリアリズムではないと言い切った。エピソードの核には事実が含まれてはいるが、そこをそのまま書いているわけではない。小説家としての企みをもって表現しているのだと言っていた。この私小説論は、近作『水死』の本文のなかでも取り扱われている。
ま、ここのブログと大江文学を同じ土俵にあげるのも相当僭越だが、話としては似ているので書いた。

 ところで、亡くなる直前に、母が自分の短歌についてこんなことを話していた。夜中にひとりで眠れないでいると、亡夫が出て来て背中をさすってくれるというような歌を詠むと、周りから「あんた、旦那さんのことをそんなに思っていたの」と呆れられることがあると、母は苦笑していた。あそこで詠むことは、必ずしもあったことばかりではないということは、表現ということの根幹なんやけど、普通の人には分かってもらえんしなあと、呟いたことが忘れられない。

 ブログを毎日書くというのは、むろん日記でもあるが、お話のエスキースでもある。いつか、もっと長いものを書きたいと思ったときのための表現のスケッチのような面もあるのだ。
 くれぐれも、大磯の地元のみなさんも、そんなつもりで暖かく放置しておいてください、ね。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-02-09 07:49 | Comments(2)
Commented by 望郷の老人 at 2010-02-10 01:23 x
悲哀があるから良いよ
手術後に、こんなに早く、たくさんの原稿が書けるとも思わないから、事象とは時差のあるエッセイだと思っていた。
Commented at 2010-02-12 11:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 春は来るとも いかにも冬の明るい日の成城 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧