人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

いかにも冬の明るい日の成城

いかにも冬の明るい日の成城

 ――12時45分に成城の駅を出た。碁盤の目になっている町の通りを規則正しく歩いて、大江宅に向かう。撮影スタッフは局からロケ車でやってくる。現地で合流することになっている。私が着いたのは予定より早かったらしくお宅の前に車はない。少し、時間待ちした。空は晴れ上がり、まぶしいほどの光がそこら中に満ちていた。日向にあれば思ったほど寒くはない。ただ風だけはうなりをあげて吹いていた。人通りの少ない成城の町に羨ましいほどの緑が風に揺れている。時折、小鳥が低空に素早く飛来する。

 午後1時15分、大江宅訪問。私にとって7、8年ぶりになるだろう。大江夫人がいつもの柔和な笑顔でむかえていただいた。懐かしさがこみあげる。部屋に入ると、光さんがソファに座って作曲をしていた。10年前とまったく変わらない。口数の少ない光さんだが、久しぶりの私の顔を見て、少し笑みをふくんだ表情で、「こんにちは」と言葉を発してくれた。どんな曲ですかと問うと、恥ずかしそうに譜面を私のほうに押しやって。「冬2」というタイトルがついていた。フラットが6つもある、変ホ短調のピアノ曲らしい。私は譜面がまったく読めないから、理解はここまで。
 やがて、渡邊アナを含む撮影クルー6人が到着。夕方6時までの長いロケ撮影が始まることになる。当初は、4時頃で終わるだろうと見通していたが、大江さんの話があまりに面白いので、つい予定が延伸することになったのだ。今回の撮影で驚いたのは、2階の大江さんの兵隊ベッドがある書斎でのインタビューである。本当のプライベートな場面での撮影となった。

 12月に『水死』を出版した大江さんは、現在、3月にシカゴ大学で行われるシンポジウムでの講演のための原稿作りに集中している。
大江さんの40年来の友人で、シカゴ大学元教授、テツオ・ナジタのための「日本研究講座」での講演である。ハワイ移民の子孫であるナジタは苦学してシカゴ大学で教授までなり先年定年退職した。その後、彼の名前をつけた講座が15年にわたって設けられ、今年でそれが閉じることになる。その最後の会の記念講演の講師に大江さんが選ばれたのだ。ナジタの研究は、江戸時代後期の大阪で発展した学問所「懐徳堂」。民間道徳と経済学の入り交じったような論文を、大江さんは懸命に読破してその講演に備えていた。いつも一生懸命の人である、大江さんは。

 大江家のあちこちの壁面を飾る絵画が気になる。私が出入りしていた頃からあったのは、奥様の父である伊丹万作の静物だけ。後は新しい作品が架かっていた。舟越桂の3人の若者の肖像、司修の光さんの肖像。そして、今回しっかり見た大きな油絵で、「森の中の大江健三郎」、作者はおそらく司修さんだ。深い森のなかで、ライオンや狼に囲まれて切り株を机にして執筆する20代の大江さんが描かれている。200号ぐらいの大きな絵だ。私はすっかり魅了された。
玄関を入ったすぐの壁には、大江さんの師である渡邊一夫のカラフルなレリーフがあった。

こういう撮影となると、一番大変なのは主婦である奥様だ。6人のために幾度もお茶やお菓子の用意をされたりした。5時間にわたる撮影にほっこりされたであろう。夕方6時、すっかり暮れた大江家の門前で、あらためてお礼を申し上げて、わがスタッフは辞去した。
最後に、私の持参した『水死』に大江さんの署名をいただいた。そのときに書き添えられた文言。
「われらは辛抱づよかった
 さうしてわれらも年をとった
 われらの後に何が残されたか
 問ふをやめよ今はまだ
 背後を顧みる時ではない
        三好達治」
 病から生還していささか弱気になっている私を励ましていただいた大江さんに、思わず落涙しそうになる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-02-08 00:36 | 賢者の面影 | Comments(0)
<< リアルのようなフィクションのような 大いなる日に >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧