人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

大いなる日に

オオエなる日に

 昨日は久しぶりに高揚した。午後1時から6時まで、大江健三郎さんのインタビューにじっくり付き合い、大江さんの声に耳を傾けた。聞き手の渡邊あゆみアナもよく勉強してきて、大江文学の核心を丁寧に(むしろ執つこいぐらいに)聞き出していった。この番組はきっとインタビューの労作(トラヴァーユ)になるにちがいない。
久しぶりに、大江さんの前に出て、緊張した。休憩の折りなどに言葉を交わした。75歳となった今も変わらずジョークをとばす大江さんに安堵した。それにしても、『水死』を発表して後期5部作をなしとげたという解放感だろうか、実に闊達な表情をしておられた。5時間のスタジオ作業に、70歳過ぎで耐えるというのはなかなかできるものでない。だが、大江さんの言動や表情は最後まで張りがあった。

 「100年インタビュー」の番組時間は90分だが、昨日の収録ぶんだけで180分ある。さらに、明日日曜日には成城の自宅でのインタビューが行われ、素材として追加される。おそらく、素材時間だけで300分になろう。これを90分にまで削るということになるのだが、内容が深いやりとりだけに割愛するのがこころ苦しい。担当の岸アナウンス部副部長も放送時間の延長を申請しようかどうか悩んでいた。その気持ちは分かる。

 インタビューの中身の詳細はオンエアーでごらんいただくとして、心に残った話を記録しておく。
 大江さんが音に対しても鋭敏であるということ。それも大江文学にとっては重要である。言葉のしらべに関して、大江さんがこだわっていることを痛感した。
渡邊さんが、執筆したあとの推敲では朗読をしてたしかめるのですかという問いに対して、大江さんは作家は声に出さなくても、内心で、音を立ち上げて読む習慣があるものですと答えた。つまり、大江さんのなかでは書かれた言葉の音の響き、調べがかなり重要で、エラボレーション(書き直し)にはその配慮がかなりあると推定された。オーデンやエリオットの詩の引用にしても、どの日本人が訳したかということにかなりこだわる。つまり、大江さんの感性に近い言葉遣いや音の響きをする訳詩者(例えば深瀬基寛や西脇順三郎)にこだわるのだ。たしかに、エリオットの「荒れ地」の詩をとっても、かなりたくさんの訳がある。なかで大江さんは深瀬の訳にこだわる。

言葉のしらべに敏感なのは、長兄の大江政太郎さんが歌人であったことともつながる。大江さんの一族にも音に対する鋭敏性があるのだ。
光さんの音楽性は奥様の伊丹一族から受け継いだものでしょうと、大江さんはよく謙遜するが、私は大江一族の血も大きいとみている。

 とはいえ、昨日の収録でこんなことがあった。
渡邊さんが、『水死』の一部を朗読するときに大江さんに原音をたしかめた。「谷間」を何と読めばいいでしょうか、タニアイ、タニマ?それに対して大江さんは、ずっとタニマと呼んできましたが、あるとき朗読をされる方がタニアイと呼ばれることがあって、ああそうかと思うようになりましたと言って、タニアイでもよいのではと支持された。そこで、番組中はずっとタニアイと渡邊さんは発音した。この件に関しては、(大江さんがゆるされたとしても)私はいささか異論を唱える。
 大江文学における「四国の谷間の村」という表現は、ぜったいにタニマであってほしい。仮に通説の読み方はタニアイであっても、大江さんの小説世界では響きからいってタニマこそふさわしいと思うのだ。昨日のタニアイを大江さんが支持したのは、大江さん流の優しさ、寛容であったとみる。だから、そこにあまえず、今後ともタニマと発音されることを私は望む。

 先日、「スタジオパーク」に出演したとき、画面の大江さんを見て、奥様は銀髪が硬くみえると感じたそうだ。そこでふわふわとなるシャンプーを買ってきてくれて、昨夜それで洗いましたと、メイクさんに冗談を言っていた。豊かな白髪が羨ましい。グレイのタートルに紺のブレザー(ランバン)、グレイのズボンと相変わらずお洒落だ。すべて奥様の見立てと謙遜されるが、それを着こなす大江さんの75歳と思えない身のこなしにつくづく病み上がりの私は羨ましく思った。

 20世紀の終わりの頃から書かれた作品は、大江文学後期5部作という。これらの作品の主人公は大江さんらしい小説家長江古義人が語り部となっているので、古義人ものと呼ぶのがふさわしいかもしれない。最新作『水死』はその古義人ものの締めくくりの作品となる。長編小説はこれが最後になるかもしれないと、大江さんは語っているが、私は、大江さんが新しい語り部を発想して、また新しい作品を書き続けられるだろうと予測する。それほど、大江さんのなかには小説に対する大いなる意欲があると見受けた。わが日本のノーベル賞作家は老いてますます意気盛んである。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-02-06 11:41 | 賢者の面影 | Comments(0)
<< いかにも冬の明るい日の成城 悲哀の感情 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧