人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

馴らし運転

馴らし運転

昨日は足ならしに渋谷から護国寺まで出歩いた。構想している企画「マイケル・ジャクソンの生き方」についての議論をするため、
午後1時半に渋谷の西武地下のレストランで打ち合わせ。入院する前に、示しておいた私のアイディアがどこまで煮詰まったかを確かめるための打ち合わせであった。この企画の発想は面白いのだが、主人公となる経済学者が、どこまでテレビという表現を理解してくれるかがポイントになる、という点においてスタッフ一同共通理解となる。

その後、講談社に移動した。そこで待っていてくれたのは、旧知のタカハシさん。彼が音頭をとってくれて、マイケル・ジャクソンの著作権を日本で管理する人たちと打ち合わせの機会を作ってくれた。むろん、私のようなテレビ屋だけでなく講談社の書籍部の人たちも参加している。

史上もっとも成功したといわれるエンターテイナー、マイケル・ジャクソン。CDやレコードの売り上げは7億5千万枚。彼の残した遺産(著作物、財産)はあらゆる意味でギョーカイの大きな関心事となっている。しかも、彼は莫大な借金を一方で残していて、そちらにおいても係争中のものがかなりある。大きなタカラではあるが、触ると非常に危険な”遺産”。それに関わる、日本のエージェントの説明が、この席で行われたのだ。

年末に公開され話題になった「THIS IS IT」。彼の最後の公演を前に撮影されたリハーサル風景のドキュメントだ。この映画を制作した側は莫大な利益を得たようだが、その利益はマイケル側には一銭も還元されていない。同様に、年末に日本で出版されたマイケルの写真集は1万部限定で定価11000円の豪華本だが、誰が筆者なのか分からないあいまいな著作物だが、これとてかなりの売り上げをあげている。エンターテイメントの世界というのは、部外者にとっては不気味な暗黒世界である。

そういうなかで、一人の日本人ファンが、ジャクソン家の信頼を得て、1年間の期限付きである著作物の管理を任せられた。その代理人が昨日のミーティングの中心プレゼンターだった。商談の中身については触れないが、流行の出来事をビジネスにするというのはずいぶん肝っ玉の要るものだと、素人の私は感心した。

午後5時にミーティング終了。私はその足で神保町に出て、書店巡り。10冊ほど面白そうな本を購入。『平凡パンチの時代』は今朝読み終えた。加藤周一の戦後史談義の本を今から読む。

さて、渋谷で会ったスタッフにも、講談社のタカハシさんにも、今回の入院騒ぎの顛末をとくとくと述べた。「いいかい。早期発見だよ。そのためにはきちんと健康診断を受けなくては」
聞くほうは、私の顔を見てにやにや。
(バッカだなあ。なってから悔やんでも遅いのだぞ。いつまでもあると思うな、年齢(とし)と健康)

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-01-30 14:06 | Comments(1)
Commented at 2010-02-01 10:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 無縁の死 神秘の人びと >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧