人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ふるさとは消えた

ふるさとは消えた

大江さんがインタビューでこんなことを答えている。
問い:この先、四国の故郷に戻られる計画はあるのでしょうか
「ありません。母親が亡くなって、私に故郷はなくなりました。」

この件を読んでどきっとした。私もそういう心境だ。母がいない故郷へ帰ってみたとて何があるか。何が待っていてくれるか。
21日の夜、末弟が見舞いに来てくれた。先週、敦賀へ帰って、母のことで近所に挨拶回りをしてきてくれた。その報告も兼ねて、面談室で、田舎の家のことをどうするかという話におよんだ。

三人の息子があっても、もはや誰も敦賀に帰る者はないだろう。いつまで、実家を空き家のままにできるだろうか、と弟は心配する。実際、今冬は雪が多く、庭の雪釣りの木もかなり傾いていたそうだ。ひょっとすると、庭木の1本や2本は雪折れするかもしれない。
いろいろな形見が家にはある。父母の写真、記録、父の茶碗、母の短冊、息子たちの品々。その一つ、一つの処分の吟味をすれば、いくら時間があっても足りない。私は弟にこう言った。「いざとなれば、一切合財をブルドーザに任せるしかない」
荒っぽいこととは重々知っているが、こうでもしなければ未練を断ち切ることはできまい。できれば、私だって実家を残しておきたい。あの町のことを胸に置いておきたい。
私のパソコンの壁紙は野坂山遠望の景である。幼い頃に親しんだ山は野坂山でなく、天筒山だった。テツツヤマ。つぶやくと、山の風景、父母の若い顔、ともだちが浮かんでくる。そういう思いを抱いたまま老年をむかえ、500キロ離れた湘南で故郷慕うことは辛い。
いっそ大江さんのように、「私に故郷はなくなりました」と宣言すべきでは。

大江最新作「水死」のなかで登場するコギーの母とコギーの合作の詩。
コギーを森に上らせる支度もせず
川流れのように帰って来ない。
雨の降らない季節の東京で、
老年から、幼年時まで
逆さまに 思い出している。

 森を散歩した。半時間ほどの散歩だったが、すっかり気分が一新した。オペラグラスをもっていったが、今日はなんと3羽ウォッチングできた。しじゅうからを目の前で見ることが出来たのは嬉しかった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-01-24 17:41 | Comments(2)
Commented at 2010-01-27 08:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 不思議なものです at 2010-01-27 23:05 x
私も天筒山でよく遊びましたよ。春先には金ヶ崎の岩場で波に濡れそぼり、秋は椎の実拾い、アケビを探しに池見までも山の神さんを越えて、小学生の脚でてくてくと登ったものです。貴方がこの後、故郷の思い出詰まるご実家を諦めるかは、貴方のご決断ですが、いつまでも語り合えるよう、貴方の滋味溢るる言の葉をいつまでも聴きたいと思っていますよ。
<< 退院の日 ちょっと嬉しいこと >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧