人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

マイバースディ

1月19日(マイバースディ)快晴

昨夜、点滴1本になったので睡眠がかなりとれると期待したが、外れた。
深夜零時以降、1時間毎に排尿で起きた。だから5回ほど目を覚ましたことになる。
そして、6時起床。意外に目がきちんと覚めた。日は明けていなかったが、今朝も青空になるだろうと予感させるような澄み切った大気。
本日、私の誕生日。62歳になる。病院でむかえることになった。

昨夜床について、寝床のなかでふと思った。小津安次郎は60歳の自分の誕生日に死去した。ぴたり六十年の人生であったのだ。60であのような人生を描く作品を50本も製作していたのだと思うと、私は気が滅入った。なんと馬齢を重ねていることだろうか。
去年の夏、母が発病した頃に夢が現か忘れたが、母は年内の命であり私は61歳で死ぬという直感をもった。だいたい、私はそういう勘は働かないほうであるが、実際に母が歳末12月22日の他界したときにはいささかぎょっとした。このデンでいけば、1月の19日の誕生日までに俺も逝くかもしれないなという、強迫観念が深々と刺さった。
正直に言って、昨夜は深夜を越えるまで不安があった。12時までに、術後の異変でも起きてぽっくり逝くのかと思った。日頃、死んでもいいなあなんて言っているくせに、いざ近づいてきたら慌てふためく自分を軽侮し、かつ憐れんだ。
11時45分に排尿を終えてベッドに入って眠りにつくまで、一抹の不安を胸に眠りにつこうとしていた。お笑い種の所業ではあるが、当人はきわめて真面目に悩んでいた。

今朝から食事が始る。絶食を始めて5日目、食事再開にあたって、ナースからいろいろ注意をされる。特に、最初の食事はできるだけゆっくり食べよと指示される。
8時、来た。重湯、味噌スープ、プロティンマックス(メロン味)、ブイクレスベリーズ(ブルーベリーの果糖)。
最初に口にしたのは味噌スープ、味噌汁の具のないものだ。久しぶりに食の香りをとりこむ、やや感動。続いて重湯。味噌スープの鋭い味と違って包容力のあるぬくい味、米の炊き上がる匂いのようなかすかなものがあった。母性の味とでもいうか。風邪をひいたときに母が作ってくれたお粥を思い出していた。

62歳。思えば遠くに来たものだ。お爺さんだ。ついこの間までアイビーだ、テイメンだと騒いで、自分でもガキだと思っていたが、今では29歳と24歳の子どもの父で、定年後を生きている。今も、私が70年代当時の意識を引きずることを可能にさせたのは2004年に出会った「冬ソナ」にちがいない。あのユンさんの作り出した光景は、まさに私の青春風俗と重なるものだったから。いや、いささか違うか。私たちはもっと貧しかったかもしれない。いずれにしても、「冬ソナ」というのが挟まったおかげで、62歳の私にはまだ青春の残滓がある。

午後3時過ぎ、二人の客があった。アナウンス部の岸さんと渡邊さんだ。明20日に、大江さんと打ち合わせをすることになり、その事前の準備をしておきたいと来たのだ。岸さんは「こんな時に申し訳ないのですが」と盛んに恐縮していたが、私のほうで了解をしたのだから気にしなくていい。打ち合わせは予定の1時間を大きく越えて4時半過ぎまで続いた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-01-20 16:02 | Comments(0)
<< 1月20日(水)晴 術後3日目 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧