人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

加賀さんの言葉に導かれて

加賀乙彦の言葉に導かれて

偶然手にとった新書『不幸な国の幸福論』(加賀乙彦)は実に示唆に富む本である。
手にとったきっかけは、あの加賀が書いている、幸福論は最近私の関心事、加賀は作家であると同時に精神科医である、58歳という老齢になって洗礼を受けた人物、本文のなかに神谷美恵子の名が現れること、など。これらの要素がからまって、私は本書を購入した。

加賀乙彦といえば、「宣告」、「湿原」、「永遠の都」など純文学の長編作家として硬いものばかり書いてきた人だ。おまけに東京拘置所の医務技官として死刑囚と長く向き合ってきたという実績をもつ。どうせまたドストエフスキーでも持ち出して高邁な人生論を語るのだろうと思ったものの、先に述べた理由で、この本のページを繰ることにした。

加賀さんとは8年ほど前に制作した「魂をめぐる対話」で門脇佳吉神父と対談をしてもらった経緯がある。加賀夫妻は門脇師から洗礼を受けている。妻も加賀と同じ時期に信仰の道を開いて歩き始めたのだ。その奥さんとの関係はどうなっているだろうという野次馬根性がまず動いた。第4章に加賀さんはこう書いていた。
《私事になりますが、2008年の秋に妻が急逝しました。二人で長崎に行こうと荷造りをした日の夜、・・・70歳での旅立ちでした。》
この一文を目にしたときから、加賀さんは本気でこの書を書いていると感じた。
なにより人生の最愛最高のパートナーを失ってなお、人生の希望を語ろうとする加賀さんの姿勢に必死なものを感じたのだ。

この書では、死より老いを重視している。老いからくる退廃のほうがはるかに罪多いと考えられている。史上かつてない長寿を生きることになった“不幸な国”日本。その老いをいかに受け入れ、生きていくかを、81歳の加賀が説くのだ。
そして、ここでも、加賀は神谷美恵子の生きがいということを深くみつめる。「私たちの生きがいは損なわれやすく、うばい去られやすい」(神谷)

 意識を失う3日ほど前に言った母の言葉「何のために生きているのやろ。こんな苦しいめにあいながら」。信仰をもつ母ですら迷い苦悩した。動けない身となって、母の得意な繕いものや袋もの作りが出来なくなった、誰も私をあてにしてくれていない、と絶望した。この母の言葉を聴かされたとき、私は慄然とした。

 まさに、神谷の言う通り、「生きがいは損なわれやすく、うばい去られやすい」。どうしたら、母に生きがいを取り戻すことができるのか。彼女の信仰はどうなっているのか。私はこのまま母が沈んでいくことを恐れた。
その数時間後か次の日か忘れたが、母は切羽詰ったような口調で、必死に訴えた。
「私は傲慢やった。何も悪いことなどしていないのになんて、あまりに傲慢やった」
罪人として自らを悔い、かつ救いを求める信仰の言葉だった。
この変化は何から来たのだろうか。母の存在を越えたおおいなるものから働きかけがあったのだろうか。
 今、加賀の文章に導かれて、母の言動を噛み締めている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


 
by yamato-y | 2010-01-11 12:16 | Comments(1)
Commented at 2010-01-13 04:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 夕焼けチャイムを聴きながら ヘリポートの上の雲 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧