人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

朝焼けを見ながら

 朝焼けを見ながら

昨夜、なにげなく点けたテレビで「二本の木」というドキュメンタリーが放映されていた。途中から見始めたのだが、主人公の小沢爽という名前にぴくんと反応して見入った。
私たちの先輩の体験を描いた作品だと、すぐ感じた。先日届いたOB倶楽部の物故者名簿にその名前を見ていたから。
案の定、番組の進みゆきで私の直感が正しかったことを知る。意外なことに彼の癌との闘いがメインでなく、彼の妻が小細胞癌で病んで倒れ、それを介護しているうちに、小沢さん本人も癌であることを知るという展開となっていく。つまり、平成19年の初めに妻が亡くなり、その半年後に夫も他界するという出来事を描いていたのだ。

小沢夫妻は初任地の北見で知り合い結婚したようだ(途中からの視聴なので推測だが)。40年間連れ添って、かつ互いに尊敬しあっているという羨むべき関係。かつ、妻のchioさんは洗礼を受けており洗礼名はルチア(光)。小沢さんは深い知性をもつ教養人。この二人の最期の日々が二人の日記をもとに”再現”される。

 テレビに見入っていると、家人たちからは、「よくこんな重いテーマの番組を見るね」と驚かれながら、身じろぎもせず最後まで見た。

内容については、もっと考えて感想を書くことにしたい。今の私は、このような”英雄的な死”を臨むことができるのだろうかという自問に対して、どう答えたらいいのだろうかと考えることで精一杯だ。
昨年後半に起きた母の死への接近に際しても、母の魂についてしっかり見守っただろうかと問えば否としか答えが出て来ない。病の進捗ばかりに目を奪われ、その対応、対策に汲々としていたとしか言えない。その臨終にも、「明るいほうへ歩んでいきなさい」という英雄的な言葉を母にかけることもなく、ただ死にゆく母の状態を見つめるしかなかった。

もしも私に、小沢さんのような情況が与えられたとして、かくも自分を温容に受け止めることができるだろうか。
この問いに対しても答えは苦い思いを抱えながら今は留保する。

この数年、時間をかけてポストモダンの言説、デリダ、ラカン、バルトなどから遡ってハイデガー、ヘーゲルやカントなどの哲学の解説書を読むことがあった。一方、神谷美恵子や中野孝次、大江健三郎など人生の秘密を知りたいと読む進める一群の本たちがあった。
哲学と宗教の間とは差異とは何か、なかなか分からなかったが、今回の「二本の木」を見ながら、はっと感じるものがある。

人生の仕組みの原理的なことをトータルに分からなくとも、現下の魂の渇きに安らぎと救いを与える言葉があるということ。
なんだか当たり前のことだが、このことを掴んだような気が、「二本の木」を見ながらした。

6時15分に目が覚めて、しばらくベッドのなかで以上のようなことを考えていた。それから起き出してパソコンに向かって書いている。朝のしじまのなかでぼんやりとした頭でぼんやりと考えたことを書いている。ふと気がつくと窓の外に朝焼けが始まっていた。ベランダの窓越しに銀杏の枯れ木がすっくと立っている。そこに雀たちが寄ってくる。さえずりが賑やかになる。
ベッドのそばに鏡があってのぞきこむと、シルエットの私が写っている。顔は見えない。右手を揚げたり下げたりして、おいオレはまだ生きているぞと、合図を送ってみたりもする。

「二本の木」の最後にタイトルロールが出て、制作統括に私と机を並べている同僚の名前が出ていた。なんだ、私の部で制作していたのだ。知らなかった。そういえば、この同僚から賀状が届いていた。今年は賀状を出せない理由があったと詫びるハガキを本日書く予定にしているが、彼にはこの感想を少し書いておこう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-01-10 09:14 | 魂のこと | Comments(0)
<< ヘリポートの上の雲 いつもベッドが聞いていた >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧