人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

いつもベッドが聞いていた

いつもベッドが聞いていた

夜9時過ぎた病棟は魚のいない水族館のようだ。安全のために病室のドアは開かれたまま、うすぐらい常夜灯がぽつんぽつんとともっている。ときおり見回りにくるナースの影が揺らめく。
エアコンディショナーから鈍い風の音が絶え間なくこぼれてくる。

私の好きな矢沢宰くんの詩「汽車」を思う。
〈汽車〉
毎夜ベッドが聞いていた
汽笛に乗って
今、私は家に帰る

正確なフレーズは忘れたが、こういうのだった。矢沢くんは18歳で、肺結核で死んだ。この15年の間、早春が来るたびに、大磯ツヴァイクの道でいつも彼の詩を思っていた。

ベッドに横たわり目を閉じていると、
先日出会ったふるさとの従兄弟たちのことが脳裏をかすめる。
母の死に際して、葬儀の席で幾十年ぶりかに顔を合わせた、遠縁の従兄弟。
少年時代、忠霊塔の丘でいっしょに遊んだ日のことを思う。急傾斜の石段をどちらが早く登るか競争した。例の「グリコ、パイナップル、チョコレート」もやった。丘の裏の崖を探検もした。少年の日の時間が経つのは早い、すぐ日が暮れた。

暗くなる前に帰ったほうがいいよと伯母に言われて、忠霊塔の丘のある岡山から町まで帰っていく。お気に入りの自転車に乗って、国道8号線を疾駆した。小学校2年のときに買ってもらったチョコレート色の自転車。ぎこぎこペダルを踏みながらおよそ2キロの道のりを帰った。引込み線の踏み切りを渡り、東洋紡績の正門の前を抜けると、木の芽川の大橋。そこを渡れば、母や弟たちが待つ我が家が見えた。
家に着くと、裏に回って水道で足と手を洗い、自転車を納屋に入れて、「ただいま」と声をかけて台所から入った。
二人の弟たちを相手に夕飯が出来るまで遊んだ。夕方のラジオがお気に入りで、ビリーパックや紅孔雀を聞いた。
――故郷の山河が浮かんでくる。
 敦賀から京都へ向うと、地溝帯の断層となる険しい山々となる。その入り口に衣掛山と美しい名のついた山がある。この山の標高差は大きく、列車は一気に駆け上がることができず、ループ式で衣掛山を巻くようにして登って行く。だから、ある箇所では進行方向が逆になる。一旦離れたはずの敦賀の町がふたたび前方に現れる。前後がトンネル内なので、一瞬夢のように日本海に面した敦賀の町がぽかりと浮かび上がるのだ。手前に忠霊塔のある丘、その丘の向こうに母の住む郊外の町があり、その先に群青色の日本海が広がっている。この風景を、ふるさとの面影をベッドで思っている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-01-09 23:07 | ふるさとへ | Comments(0)
<< 朝焼けを見ながら 飲みニュケーション >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧