人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

いつまで店にいるの

いつまで店にいるの

千原ジュニアが面白いことを言っていた。
テレビの人気者のランキングで今も上位に、紳助、さんま、たもりらベテランが占めていることに対し、人気のあるラーメン屋に居座っている客のようだと、「いつまで店にいるの。食べたら、さっさと店を出ればいいのに。なかなか店を出ない。」憎まれ口をきいていた。外で,
席が空くのを待っている客にとってははた迷惑だという。

昨年、就職したばかりの娘が、仕事がなかなか捗らず、つまらないルールがはびこっているとこぼすと、6歳上の兄は、「これも親父のような古い世代が居座っているからだよ。この構造を変えないと、現在の若者の窮境はなくならないだろう」と解説。この言い分は、千原ジュニアとそっくりで、思わず吹き出した。

タモリやさんまのように、一世風靡した人物はともかく、たいして“おいしいめ”に会ったわけでもない団塊の世代が、若い世代から恨まれるのはややわりが合わないのじゃないか。
高度成長の波に乗って、人生を生きてきた団塊の世代というのが、それほど幸運な「勝ち組」だったといえるのだろうか。若い者に恨まれるほどいいめに会ったとは思えないが。
むしろ、仕事、仕事に追われて、好きなことも見出せず、仕事が生きがいというアイロニーを内面化させられた犠牲者ではないのか、と言ってもみたい。

他はともかく、タモリのような人は、現在のビッグな境遇をどう思っているのだろう。功成り名を遂げたから、今のポジションをよしとしているのか。赤塚不二夫とアナーキーな夜遊びを重ねた人が、そんな微温的な幸福に浸っていられるのだろうか。

ときどき見る「笑っていいとも」で、タモリが若い者を叱るようなふりをして媚を売っているのを見ると、なんともいえない複雑な感情が湧く。

山下洋輔とも出会わず、博多のスナックかどこかで、仲間内の宴会芸を続けていたら、タモリはどんな人生を送っただろうか。どういう人間観をもつことになったのだろうか。感情の起伏の少ない彼のことだから、今の心境とさして変わらないところにあったかもしれないし、もしくは、耐え切れないほどのルサンチマンを抱え込んでいたかもしれない。

でも、タラ、レバの話はやめて、今、バラエティの巨匠に陣取るタモリよ。いつまで店にいるの。店の外には、席を待つ客がずらりと並んでいるのだって。
でも、さも訳知り顔で、未熟な若者に席を譲ったりこびたりするのは止めてほしい。
そんなことは客の見識じゃなく、店の責任だと居直ったらいいさ。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-01-03 21:44 | Comments(2)
Commented at 2010-01-04 01:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-01-04 06:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< どんど焼き 大磯ぐらし >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧