人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

韓国の友へ

韓国の友へ

年末のぎりぎりに母が死んだので、賀状がたくさん届いている。そのなかに、金沢の年長の知人からのものがあり、欄外に「今年は安江良介の13周年になります」と書かれてあった。賀状の主は安江の高校時代の学友で、先年追悼会で知り合った人物だ。
――岩波書店の社長で、かつて総合雑誌「世界」の名編集長といわれた安江が63歳で死んで13年になる。
安江のもっとも大きな功績はアジアへの正当な関心を作り上げたこと、とりわけ朝鮮半島との交流を推し進めたことである。金大中が拉致誘拐されたとき、現場となったパレスサイドホテルの一室で会う予定だったのは安江だった。軍事政権を批判する金を支援しようと、安江はその日金と話し合う予定にしていた。
この無法な事件を契機に、安江は編集長を勤める「世界」で“韓国からの通信”という連載を開始し、韓国の民主化のために論陣を張ることになる。通信の筆者は匿名のTK生であった。このコラムは軍事政権の矛盾を鋭く衝き、日韓同盟を基盤とする保守派の人々を苛立たせるものであった。朴大統領の秘密警察ともいうべきKCIAはたえず安江を監視し、TK生という人物を特定しようと躍起になる。このときの苦労や緊張を、生前の安江から私は聞いたことがある。
3年前、TK生は私だと名乗りを上げた人物がいる。東京女子大で教鞭をとっていた池明観先生だ。池先生は安江が死去したときに弔辞を詠んだ人物でもあり、カミングアウトする前から私はそうではないかと予想していたから、意外ではなかった。大江健三郎さんを通して私は先生を紹介された。1995年、大江さんが中心となって開かれたプリンストン大学でのシンポジウム「オウム事件を越えて」にも参加しており、その取材を通して池先生のひととなりを私は知る。
この池先生から安江の韓国への思いや池先生との篤い友情のさまざまを知らされて、私は感動を禁じえなかった。安江は中学生の頃から朝鮮半島への関心を持ち、関係の正常化をながく考えていた。私の大学の先輩である。

私の住む北陸の敦賀でも長く在日コリアンへの差別があった。林春玉さんというクラスメートがいた。中学校では体操部で活躍していたが、その名前が奇妙だといって、私ら悪童は囃し立てたことがある。俯いて、唇を噛む春玉さんの姿が目に焼きついている。
美空ひばりが急死したとき、私は「ひばりの時代」という特番を制作した。ひばりの歌に人生を重ねた民衆を追う物語で、私は大阪に住む在日の人を取材したときのことだ。その女性は戦後長らく敦賀に住んでいて、ひばりの映画を見ることだけが楽しみで、そのために国際劇場に通ったと証言した。国際劇場とは敦賀に3軒しかない映画館のひとつだ。その名前が、突然飛び出てきたとき、私はうろたえた。林春玉さんの勝気な黒い瞳を思い出した。
この思い出があったから、2004年に韓国ドラマ「冬のソナタ」と出会ったとき、私はこのドラマを軸に日韓関係を変えてみたいと野望を抱いた。

今年は韓国併合から100年という、大きな節目である。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-01-01 22:32 | Comments(1)
Commented at 2010-01-04 00:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 大磯ぐらし 2009年とはどんな年であったか >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧