人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

大切な大伴昌司の作品

大切な大伴作品

久しぶりに、大伴さんのお母さんを訪ねた。今年の夏の終わり、母と同じ頃に倒れたこともあって、私は両方に関わっていたのだが、11月頃から母の容態が危うくなり、大伴さんのお母さんは恢復に向かったので、足が遠のいていた。
今日、母の死を告げると、とても悲しそうな顔で私を心配してくれた。1時間ほど話し込んだ。

そのあと、大伴さんのアトリエに入って、久しぶりに内部の点検をした。
いくつか、大事にしていたものが見当たらない。私の勘違いかもしれないと思って、お母さんに聞いたが、部屋を片付けたことはないということ。
やがて、お手伝いさんが来たので、聞いたが、彼女も何も触っていないという。ふしぎだ。
大伴さんの原画の一部がどこかへ紛れ込んだのだろうか。 

新年が明けて、私の体のことも決着がついた段階で、再調査をやる。もしかすると、不心得ものが持ち去ったということも考えられるから。もののコピーはすべてとってあるから、行方不明の作品を特定して、盗難届けを出そうと思う。これまでも、中野や秋葉で大伴作品が出たことがあった。大伴さんからもらったとか大伴さんの弟子だったとか称している輩がいるらしい。大伴さんは、自分の原画を他人にあげるということはけっしてしなかった人。当時としては珍しく著作権、原画権の意識をもつ人で、他者に進呈するなどということはありえない。すべての作品に、OHと判こを押すほどの人だ。
大伴さんの最晩年の助手をやっていた人から直接聞いたが、大伴さんは性格からいっても、絶対に弟子という存在をもたなかったそうだ。

大伴作品は、アートだと私は考えている。だから、京都大学に寄託というかたちで研究をお願いしたのだ。
将来、大伴昌司記念館を作りたいと、お母さんとも相談しているので、ぜひ作品の確保は厳重にしておきたいのだ。

先年、大伴さんが手塚治虫から描いてもらった、署名入りの「りぼんの騎士」の画が、あるシナリオ作家のもとにあることが分かった。
これも返還をもとめていくことになるだろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-12-29 17:50 | 大伴昌司の遺産 | Comments(3)
Commented at 2014-08-29 00:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-08-29 00:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-05-23 13:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 御茶漬けの味 眠れないままに >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧