人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

遠い霧笛

遠い霧笛

東京湾からの遠い霧笛がきこえる。冬になればよく聞こえる。鳴る数は明け方に多い。
本未明も熟睡していたはずだが、聞こえたような気がした。
明け方3時過ぎ、弟からの電話が入った。母の容態が変わったので、病院に自分たちは向かうという。ことは急を要していると感じた。
私らも慌てて、コートを着込んで、外へ出た。駅前に駐車していたタクシーを捕まえて、都内から高速で青葉台インターチェンジへと急ぐ。深夜なので渋滞もなく4時過ぎには青葉台へ。そこから藤が丘の病院までわずかな時間で着いた。
8階の病室へあたふたと駆けつけると、弟たち一家3人と看護師が個室のなかにいた。
母の命は終わろうとしていた。コートも脱がずにベッドに寄り、母の手の甲に触れた。こころなしかまだ温かみがあると感じた。口には今まで見なかった酸素吸入器が装填されていた。
しばらくして、主治医のY先生が入室。家族の私らに挨拶をして、「脈を拝見してよろしいでしょうか」と丁寧に申し出られた。お願いしますと、場所を譲ると、医師は母の手をとり、次に瞳孔を覗き込んだ。向き直り、腕時計を見て、「4時55分、死亡されました」と宣告。
終わった。
8月下旬から、およそ半年にわたって続いた母の戦いは終わった。一旦、家族は部屋の外に出るよう指示され、私らは待合コーナーで待機する。
竹芝の遠い霧笛や母昇天

ここまで書いて、少しの悔いを以下に刻んだ。

私情そのもので

母の死をあからさまにアップするのは野暮だと分かっていたが、どうにも自分のなかでけじめがつかないと思い、ブログに書いてしまった。書かずにいられない気分だった。
どうにもおかしいのだ。母が昇天した瞬間、病室にいた身内はみな涙ぐんだ。それは当然だ。なのに、私には涙は少しうるんだものの、ほとんどない。その後、一日中、シゴトの始末をしていてもきわめて平静なのだ。どうにも、心のバランスがとれていない。悲しいという状況を体験した脳は、悲しいという感情を反応するというメカニズムが自動化していない。脳と感情がずれているようだ。

そういうデスペレートな気分に区切りをつけたいと願って、母の死をあからさまに書き込んだのだ。わざわざ、私のためにいたわりの言葉を下さる方には感謝をすると同時に、いささか恥ずかしくてならない。が、その記事を取り下げるという気にもならない。
・・・・・
ここから10年の月日が流れて。2019年12月24日クリスマスイブに、これを記している。夜10時。母の死から10年も経ったのだ。伯父貴に久しぶりに電話をもらうと、おまえのブログを読んで義姉さんの死を思い少し感傷にひたったとつぶやいた。そのことが気になってこのブログの記事を見つけ、そして何か誰かに語りたい思いでこの文章を刻んでいる。
 ーー祝母は啼くだろう、傘もささずに雪の中に立っているおれを見て。母が編んでくれた黒のブイネックのスェーターを着て、初めて買ってもらった子供用の傘を手に持って。
今夕見た白金の台地に枝を伸ばして立っているケヤキの巨木。夕映えは美しかったが、星はなかった。東京のマンションの一部屋であなたを思いながら、祝葬歌を口ずさみ。
やはり最後に母の短歌を残そう。昭和31年のクリスマスイブ。大雪が吹雪となって教会へ急ぐ親子を遮った。だが悲しくはなかった。凛々と白い悪魔に向かっていったことは忘れていない。
 幼き吾子三人を連れて雪道をクリスマス礼拝へと行きし遠い日 美代子

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-12-22 15:39 | Comments(2)
Commented by コゼットちゃん at 2009-12-22 20:26 x
 お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。貴殿もお疲れから体調を崩されない様、お身体お大事になさって下さい……。
Commented at 2009-12-22 21:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 朝焼け まだ残っている銀杏の葉 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧