人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

暗い憂鬱な顔をしながら

暗い憂鬱な顔をしながら

幸福論の真ん中に苦難ということがどっかり在る。
人は他からやってくるものによって、自己の存在を確認するものだという。
他からくるものとは、言葉を変えれば体験するということでもある。苦難は体験である。
つまり、人間は苦難によって人生というものを知るという。なぜ、そんな厄介な皮肉な成り立ちに人生があるのか。それは理不尽ではないかと問いたいが、それが大いなるものの恩寵でもあると三谷隆正は考えている。
その例が、旧約聖書のヨナの物語であり、新約聖書では最大のものは十字架上のイエスが発した言葉、「エリ エリ レマ サバクタニ」
神よ、なぜ吾を見捨てしか
何も悪いことをしていないのに、なぜこんな苦しいめに遭わないといけないのやろ。この言葉が耳朶から消えない。

再度、キリスト者である三谷の言葉を引く。
「苦難とその手痛き阻止を通してのみ、真の実在者の実力に触れ、人生において真に力となり頼みとなるものが何であるかを知らされるのである。」

信仰をもたないという大江さんが、先日の講演で聖書の言葉を引用した。「暗い憂鬱な顔をしながら」。そういう気分で相談するときが必ずある。それは「燃え上がる」言葉に結びつくものでもあると、聴衆を励ますものであった。文脈は、日本の古代の知識人のことであったが、私は今の暗い顔の私の出来事に引き付けて、意義深く受け取った。

人生の途上で苦難に遭遇したとき、結局手がかりになる言葉は、ダンテでありセネカであり聖書であるという現実。補助線として、今の私には神谷美恵子、三谷隆正、そして大江健三郎の言葉となる。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-12-16 11:27 | Comments(1)
Commented at 2009-12-17 02:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 冠雪した富士 大津・上平蔵町 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧