人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

 漱石忌の寒い朝

漱石忌の寒い朝

「ショーシャンクの空に」を名作100円というレンタルシステムで借りて見た。1994年製作された当時、私はスェーデンへ向かう夜間飛行の途次この映画を見ている。が、ノーベル賞の大事件に心奪われていたから、きちんと見ていない。なんとなく脱獄の物語というぐらいの印象しかない。
その後、いろいろな映画批評にそのタイトルが散見されるようになっていく。気にはなっていたが、一度見た映画に490円を払うのは口惜しいというつまらない理由で、見る機会を失していた。が、名作100円のなかに本作を見出し、昨夜借りることが出来たので、見た。よかった。
映画もよかったが、なによりよかったのは、DVDの特典映像だ。監督フランク・ダラボンの自己解説が実によかった。
「物語を描くのに不適切な方法というものはなく、いいと思ったらどんな方法を使ってもいいのだ。」
ドキュメンタリーもそうだ。これといったルールやセオリーがあるわけでない。表現できる手法があれば何でも使う。ただし、すべて責任は作者にあるということを念頭に置いて。
「問題は編集室ですべて解決する。」
 黑澤も言っている。「編集するために、撮影をするのだ」と。編集というのは、はまると夢中になる。が、繋げないときは地獄となる。
「観客が音楽に気づいた時には感情移入してほしいところへ来ている。バレバレだと見ている人も興ざめしてしまうから。感情を操作されてると感じたら、観客はそれを不愉快に思うはずだ。だけど巧妙にやったら、むしろ喜んでだれでも物語に浸ってくれる。」
 映像における音楽とは、ワインで味付けした肉料理のようなものだ。味わいのベースはワインが作ってくれる。
監督の語録で気になるものはもっとある。この人は脚本家から監督に転進したので、映画作りを意識的に行っている。だから、部外者にも納得のいく説明をほどこすことができる。その説明が実に明快なのだ。いい映画は直感や感情で作られるのでなく、きわめて主知的に作られるという好例をダラボン監督は示してくれた。でも、監督自身はこんな言葉を発してもいる。
「監督をやっているなかで実感するのは、頼れるものが何もないということだ。自分の直感しかない。」
なんとなく、この映画と解説と出会えたことが、得をした気分となった。

さらに、眠れないまま、村上春樹の短編集を読む。「7番目の男」と「品川の猿」。これも当たりだった。実に鮮やかな手際のいい佳品だった。特に、「7番目の男」が素敵だ。村上の作品には故郷を離れて都会で暮らすという設定が多い。村上自身もそうであるが、私もそういう身であるだけに、そこにある故郷追慕の念には共感する。2つめの得をした気分である。

余談だが、先日、根津で酒を飲んだK君は神戸出身で、高校時代に村上の父上から現代国語を習ったと言って自慢していた。謹厳な先生だったと懐かしげに語っていた。寒くなった今日は、漱石忌。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


 
by yamato-y | 2009-12-09 12:33 | Comments(0)
<< 砂時計 コゼットさんへ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧