人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

いつの日か大人になれば

いつの日か大人になれば

明け方にトイレから戻って再寝(またね)をした。ぬくい布団のなかで見た夢は、最近の状況を忘れさせるような甘美なものであった。この夢の絵解きをすれば夢の魅力が台無しになる。と分かっていても書いておかずにいられない。

ある女性作家の自宅にロケで戻って、その家で私が8ミリ撮影機の操作しながら映像をチェックしている。それまで取材で歩いて来た出来事が3巻のロールになっていて、現像もしていないのに、映像を試写している。2巻はうまく撮影できていたが、3巻めがうまく見ることができない。四苦八苦している。ロケにいっしょに行ったディレクターやスタッフたちは作家宅の応接間でわいわい騒いでいるが、私は離れて独りで映像のチェックに夢中になっている。
ふと気がつくと、騒がしい声もなくなっている。私は仲間を探しに応接間のほうへ戻り、「Sさん、Sさん」と声をかけるが返事がない。
作家の姿もない。
そこへ玄関の戸を開けて、作家が帰って来る。「今、みんな帰ったわよ」と楽しげに語る。
置いてけぼりをくったはずの私だが、腹は立たない。
あなたの肩先にひらひらこぼれてる、というフレーズが流れて来る。ランチャーズの「真冬の帰り道」の一節だ。
あなたがいつの日かおとなになれば、この歌の言葉が脳裏に染み付いていく。

目が覚めた。まだ頭のなかで「あなたがいつの日かおとなになれば」と流れている。
なぜか心地よい。久しぶりに気持ちよく眠ったという実感がある。久しく感じていない多幸感がよみがえる。

なぜ1968年の頃のカレッジソングを思い出したのだろうか。考えてみると、昨日の朝の渋谷駅前の交差点でオーロラビジョンから流れて来る歌がきっかけだったなと分かった。駅からツタヤに向かって右、三千里薬品のビルの大画面から、「野薔薇咲いてる」というメロディが流れてきた気がした。ええ、あんな古いマイナーな曲がこんなところで聞こえるはずがない。空耳だ。

交差点を渡りながら、また聞こえて来た。「野薔薇咲いてる、山道を、ひとりで歩いていた」
女の声だ。画面を振り向くと、「新発売、松たか子のアルバム」とあった。
合点した。
歌は彼女の父、市川染五郎(現・松本幸四郎)の作詞作曲したカレッジフォークだったから。彼女は父の若い日に作った曲を歌っていたのだ。
なにか、学生時代に着ていた古着であるダッフルコートを子供が格好いいといって、着てくれているような気分がした。

 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-12-02 08:34 | Comments(1)
Commented by 葱男 at 2009-12-03 23:14 x
早稲田のリガニーズは「海は恋してる」、慶応のタイムセラーズが「今日も夢みる」、私の地元は西南の「ええとこの子のバラード」で財津和夫でした!
寺尾聡のところの「このてのひらに愛を」も好きだったなあ〜。
<< 眩しい光のなかで 冬の森 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧