人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

秋霜烈日

秋霜烈日

秋霜烈日―草木を枯らすほど激しく厳しいもの。刑罰などがきわめてきびしく強いことのたとえらしいが、秋の霜というものが厳しく身にしみるという体験をここ30年したことがない。というか、霜が降りた朝をほとんど見ていない。
こどもの頃は、冬の朝窓にうっすらと白く降りた霜を見た。そんな朝はつま先から寒さがじんじんしみて、顔を洗いながら、お湯で洗うことができたらどんなにいいかと想像したことがあった。アメリカ映画を見ていると、冬の朝に道路から湯気が立っているのを見て、湯をふんだんに使える贅沢な社会だと羨んだこともあった。そんなことは、今の日本でも当たり前になったが、身が切れるような寒さもなくなった。温暖化のせいなのか。私が育った敦賀という北陸と東京の差なのだろうか。

サム・ライミの新作「スペル」を見た。あの「エクソシスト」以来の名作だと、おすぎが言っていたが、真っ赤な嘘。やはり映画評論家を信用するな、は正しい命題か。それにしても洋画の映画館は閑古鳥がないている。6時15分開演の回に入ったが、客は数えるほど。
映画を面白くさせていないのは、CG(コンピュータ・グラフィックス)のせいだ。あんなもの、すべて止めたほうがいい。と乱暴にも思ってしまうぐらい、映画はチャチだった。

帰りにブックファーストに寄った。店頭に向田邦子本が並んでいた。まもなく向田さんの誕生日がやってくる、たしか今年は80回目の記念すべき年だったはずだ。
彼女の若い日の写真の表紙を見ているうちに、なにか懐かしいものが甦った。
あの大きな黒い瞳のなかに恋人が映っていることを最初に気づいたのは私だったという誇らしいこと・・・。

向田本の山のなかに川本三郎の新書「向田邦子と東京」があった。手にとって奥付を見ると今年の4月に出版されている。川本さんなら外れないだろうと早速購入。

秋霜烈日をググったら、検察のバッジの模様を表す言葉だと出て来て失望した。
『使えるヘーゲル』を『使えるグーグル』と間違えるほどのアホさ加減。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-11-10 07:04 | Comments(0)
<< 別れ盃 おもかげに立つ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧