人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

嘘もつくし

嘘もつくし

ある人から、「あまりブログに書かないほうがいいですよ」と忠告された。同業の人が読んでいて、企画のネタを拾われたり、えらそうなことを書いていると妬まれたりしますよ、ということらしい。私だって否定的に見られるのは嫌だ。達観するほど人間ができていない。

でも、こうして書きつづけるのはなぜか。一度目の定年を終えて、退役間近の予備役に近い現役であるというオキラクな立場にあるからか。それにも増してネットという社会的無意識に半匿名でかつ本当か嘘か分らないふりをして身を沈めてみたいという欲求がやまないからか。

ウソツキクラブの大牟田雄三は、本業を離れると饒舌だった。すべてが嘘とはいわないが、オオムダなことを言うぞうだった。親父ギャグに近い駄洒落も連発した。でも本職の河合隼雄は寡黙というか無駄口もきかなければ、余計なことも話さなかった。話すより聴くほうであった。本気で聴くというのは疲れただろう。転移されるようなこともあっただろう。アメリカで起きた精神科医による無差別殺人のニュースを見て、その職業がらの苦難を思った――これは余談。
『思想家 河合隼雄』を読みながら考えている。

 テレビの番組を作るというのは、自分を表現するというより他者の欲望を探し回ることに近い。今はどんな時代だろう、大衆は今何を欲しているのか、それは今とどんな関係があるのか、他者が理解しやすい表現になりえているのか、企画・取材・編集という制作のすべての過程でいつも自問自答している。

 時には他者の欲望でなく自分の考えていることや欲望を書きたい。なら紙の日記でいいじゃないか。そうはならない。赤裸々に書いておくという欲望ではないからだ。デカルト的明晰さを求めているのではない。自分をやつして自分を装って、時には自己すらも騙して、パソコンの文字を並べることにエネルギーを注入したい。私の脳は今こんなことをデスクトップに呼び出している、私の心はこんな天候になっている、私の身体はこんな状態にあるのだということを、“事後的”に知るためにも…。

3年以上にわたり2400件も記事を書いてきた。だが、これは私のはらわたのごくごく一部にすぎない。でも外形化された文言は、記憶を呼び覚ましたり否定したりして、それ自体が動きはじめる。3年間の文章を通読すれば、明らかに、私の気分(エートスといっておこうか)が見えてくる。公開している記事ばかりか非公開にしてお蔵にしまいこんだ記事もある。それも含めてブログ宇宙がここにある。

この2ヶ月間にかぎって振り返れば、頽廃的にしてネガティブな気分がそこにあることがよく見えてくる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-11-08 09:49 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 古本の値段 遥かなわがスペイン >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧