人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

本郷めぐり

本郷めぐり

久しぶりにマンガの歴史をたどってきた。本郷4丁目にある文京ふるさと歴史館に講談社のTさんと見学に行ってきたのだ。
ふるさと歴史館は地下鉄の3丁目駅から徒歩で10分ほどのところにある、こじんまりとした博物館。平日の夕方ということで館内には人影もなくゆっくり見ることができた。

特別展として「実録!”漫画少年”誌―昭和の名編集者・加藤謙一伝―」が開かれている。加藤はこの文京区に住んでいたこともあって文京区縁の人物だ。
加藤は戦前講談社の名雑誌「少年倶楽部」を担当し当時の少年雑誌の売り上げ一位を築いたことが知られている。戦後は公職追放という憂き目をみることとなり、個人で「学童社」という出版社を起こし、「漫画少年」を発行した。この雑誌は当時の全国の漫画少年たちの憧れの投稿雑誌となり、ここから寺田ヒロオや藤子不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫らあのトキワ荘グループが輩出するのだ。この投稿少年たちが憧れたのが、この雑誌に連載されていた手塚治虫の「ジャングル大帝」である。
この原稿をもって上京した手塚は、ひょんなことから加藤に見せることになったのがきっかけで連載が始まった。当時、大阪にいた手塚が東京にも住まいを持ちたいと考えた。そこで加藤の長男が住む新築なったばかりのトキワ荘が斡旋される。これを嚆矢としてトキワ荘の漫画家たちが続くことになる。

陳列してある物品はそれほど多くない。だが、当時学童社の事務所も兼ねていた加藤の本郷弓町の自宅の間取りや、本誌に連載された「ジャングル大帝」「2級天使」(石ノ森章太郎)の原画など貴重な情報もある。
日本の出版はほとんど東京に集中している。千代田区の神田神保町が有名だが、そもそもは文京区から盛んになったようだ。ここには江戸時代の頃紙すきの技術が発達していて、明治以降、印刷、製本など印刷の町と発展したそうだ。区内で最大手は音羽にある講談社。

 加藤の個人で作った学童社は次第に経営が悪化。公職追放処分を解除されたこともあって謙一は、長男に譲り、野間省一社長のたっての意向により講談社への復帰を果たすことになる。 編集の業務からは離れたものの、後進の指導や、戦前の『少年倶楽部』の復刻版の出版に携わっていく。この加藤に相談に行ったのが、少年マガジン3代目編集長、内田勝さんだ。内田さんから、この加藤謙一のひととなりについて懐かしそうに語るのを、私は聞いたことがある。


この歴史館で、豊島区郷土資料館の展示のちらしを得た。ちょうど同じ時期に開かれている「トキワ荘のヒーローたち~マンがにかけた青春」企画である。これも面白そうだ。赤塚不二夫がトキワ荘を出たあとに暮らした「紫雲荘」の部屋も特別公開されるとある。

見学を終えたあと、Tさんと焼き鳥屋でちょっと懇談。情報の交換である。ちばてつや、梶原一騎さんたちの作品に関する情報をいろいろ教えていただいた。Tさんは現在著作権などを担当しているが、元来はちばさん付きの有能な編集者でもあった人だ。そのTさんが他社の作家だが鳥山明という漫画家を高く評価していることを知って、少し興味が湧いた。

Tさんと別れて、東大の赤門をくぐった。日が暮れた三四郎池を見て、医学部のトイレを拝借。本郷通りをぶらぶら歩いて古書店に入る。芝木好子の『雪舞い』を入手。新潮社の立派な単行本がわずか500円。得をした気になる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-11-06 08:41 | Comments(1)
Commented at 2009-11-06 11:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 今夜、再放送します 寒さが本格化した日 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧