人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

音響効果

音響効果

朝、駅で顔なじみのディレクターと会い、昨夜の「須賀敦子」の番組をめぐって意見を交換した。私は番組に不満だった。彼女の全人生を60分で描くのは詰め込み過ぎだと感じた。イタリアでの須賀の神話的時代を描くか、失意の帰国後の迷いのなかから再生していった時期を描くか、焦点をしぼりこんだほうがいいと思うと、その人に話した。
よほど勢い込んで私は語ったのだろう。その人も大筋において異論はないが、そこまで言わなくてもいいのではと表情をした。乏しい予算のなかでよく頑張っているとポジティブに番組を捉えていた。なるほど、「武士の情」だ。

教育テレビの番組費では海外取材など叶う話ではない。これまでのアーカイブス映像をいろいろ継ぎ合わせてイタリアシーンを作り上げる努力をしていたのは分かる。というのは、私がロケしたアッシジやラベルナの映像がいくつか出てきたから、台所は火の車だろうと察していた。

二人とも共通した感想は、番組のなかでの音響処理の不具合のことだ。選曲があっていない。音の出るタイミングが鈍い。須賀敦子の美しい文章の朗読がいくつも登場するが、心に沁みこんで行かないという不満が残った。その人も同じ意見だった。音響、特に音楽の扱いは難しい。悲しいときに悲しい曲、楽しいときに弾む曲というふうにはならない。黑澤明のコントラプンクト(対位法)ではないが、その逆を狙う方法だってあるのだ。

実は、今から603スタジオで音響作業が始る。「宮崎駿・養老孟司対話」の音楽とナレーション録音だ。この対話という地味な映像をどう賦活させていくか、音響の役割が大切になってくる。人のことを批判しているだけではすまない。自分もそのセンスが問われる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-10-19 12:09 | Comments(0)
<< 人生にジャストミート 片手では >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧